« ついにお惣菜まで楽天のお世話になる。 | トップページ | とある掲示板が荒れているのを見て »

Amazonが食料品を扱う日

私のネット通販に対する依存度は高まるばかりだ。
しかし、生活必需品や消耗品をネット通販で買おうとする場合、商品価格に対する送料の高さが決裁を躊躇させる。

以前、地元のハナマサで安い無洗米が買える事を知らなかった頃、送料を無料にする為、無洗米を30Kg同時に注文した事がある。

こんな時、Amazonにおける送料の扱いが、ずいぶんと魅力的に思えたものだ。
1500円以上頼めば送料タダというのは、少なくとも私が購入を迷う際、背中を押す材料となっている。
もちろん、そのシステムの裏で多くのアルバイトさんやパートさんが苦労しているという現実もあるのだろうが…。

『巷で話題の「業務用スーパー」から消費者を考える』で、ハナマサなどの事が触れられているが、車やバイクの免許がない私にとって、ネット通販での食料まとめ買いは、郊外のスーパーに車でまとめ買いに行くのと変わりないのである。

私の部屋にはパーソナル冷凍庫があって、SHOP99の冷凍食品が常備されているのだが、冷凍食品が安い送料で送られてくるのなら、その中身が全てクール宅急便で届いた物になる日もありなんという感じだ。

Amazonがエレクトロニクス製品を扱い始めてから、確かに利用頻度は増えた。
もし、Amazonが今のシステムの上で食料品を扱う日が来たなら、私は必ず上顧客になりましょう。

そう、銚子漁港に巨大配送センターが立つ時、私にとって地元のスーパーは終わるのだ。

|

« ついにお惣菜まで楽天のお世話になる。 | トップページ | とある掲示板が荒れているのを見て »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133996/5940671

この記事へのトラックバック一覧です: Amazonが食料品を扱う日:

« ついにお惣菜まで楽天のお世話になる。 | トップページ | とある掲示板が荒れているのを見て »