« 深夜の家捜し | トップページ | 172cm,81.2Kg »

「面倒くさい事は、国民にゲタを預けてしまえ!」という行動パターン

補償金制度廃止論にまつわる明と暗を読んで、ふとタイトルのように思った。

今回の郵政民営化選挙で、困ったら「国民の判断を仰ぐ」という形もアリではないかと思っていたのだが、私的録画・録音補償金制度についても、同じような解決法を模索するしかない状況になりそうだ。
そうでなくてもこの国には行き詰まっている問題は多いハズなので、充分な議論をしている時間がなくなるまで放置されっぱなしで、ニッチもサッチも行かなくなってから、『ハイ、国民の皆さん、あとは多数決で決めてね!』と代議士に案件を投げ出されそうで、怖くなってきた。

いえいえ、いつも自分の意見が多数派にあって、いつも多数決の結果に満足いくのなら、なんの問題もないんですよ。でも、私のようなマニアックな人間が共感する事ばかり受け入れられる世の中というのは、まず考えられないと思うので、いつか居辛くなってきそうだな~と思っているのでした。

|

« 深夜の家捜し | トップページ | 172cm,81.2Kg »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133996/6032848

この記事へのトラックバック一覧です: 「面倒くさい事は、国民にゲタを預けてしまえ!」という行動パターン:

« 深夜の家捜し | トップページ | 172cm,81.2Kg »