« いつの日か愛されなくなる事に対する不安 | トップページ | 1リットル88円の炭酸飲料 »

修利槃特になれない悲しさ

修利槃特(すりはんどく)とは、釈迦の弟子の名前です。
三年の修行の間に十四字の経文も暗誦することができなかったけど、愚直なまでに釈迦のいいつけを守ったので、仏に成ることができた--という人物です。

ホントに、えらい長文で、肩っ苦しい話を並べ連ねて、申し訳ないのですが…。

サービスのオンデマンド化が進むのと同じくらいか、それ以上のスピードで、昔だったら埋もれている情報に簡単にアクセスできるようになりました。
それによって全体の知識の底上げになったとは思うのですが、弊害も多くなったと思うんですね。

暗い事件の話題や、人の醜い部分までもが、簡単に知れ渡るようになりましたからね。
他人の育児の失敗や、恋愛の修羅場や、家庭崩壊の様子を、TVや週刊誌やネット等で知らされ、すぐさま自分の経験のようにインプットされてしまいますから。
情報が知れ渡ることによって過去の因習が取り払われ、例えば30歳を過ぎても結婚しない生き方を選ぶことも普通になったわけですが、世の中、成功と失敗しかないとしたら、圧倒的に失敗のほうが多く強く報道されるので、それに影響されて、決断がなかなかできなくなるという事が増えていると思うんですよ。

結局、技術が進歩した末に人間は、昔より臆病でワガママになってしまったのですね…。

結婚についても、よく既婚者から「やってみなくちゃわからないだろう?」と言われるんですが、「やってみてダメだったら、すぐ離婚していいのか?」とか「育児に失敗したら、どうすればいいんだ?」という質問を真顔ですると、必ず怒るんですよね。

そんな時、修利槃特のように「はい!」と言える人のほうが幸せになれるのかも知れませんが、今の私には、まだ無理だな…。

失敗談と同じくらいの数の成功談が、世間に多く強く報道されて、「そんなにビクビクしなくても大丈夫かなぁ」と思えるような、安心して結婚できるような世の中になってほしいと思うのですが、人任せみたいで、甘いですかね?

作り物のドラマでもなく、芸能人や有名人のような特別な人の話でもなく、身の回りに普通に存在している人の、「結婚してよかった!」という話や、「子育てっていいよ!」という話題が、普通に自然に漏れ聞えてくるような世の中にならないと、少子化は止められないと思うんだよなぁ…。

|

« いつの日か愛されなくなる事に対する不安 | トップページ | 1リットル88円の炭酸飲料 »

「恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133996/6267345

この記事へのトラックバック一覧です: 修利槃特になれない悲しさ:

« いつの日か愛されなくなる事に対する不安 | トップページ | 1リットル88円の炭酸飲料 »