« 2005年10月9日 - 2005年10月15日 | トップページ | 2005年10月23日 - 2005年10月29日 »

2005年10月16日 - 2005年10月22日

コミュニケーションスキルがないと、ホント苦労する

ここのところ忙しかったのは、他の会社さんや業界さんを相手にしたり、自分の上司や先輩方とやりとりをする事が増えていた為で、それが仕事だけでなくプライベートな案件にも広がった為に、やたらと気疲れしていました。

私も一応、役職のある身で部下もいるので、コミュニケーションスキルの重要性は実感していたし、ある程度訓練してもらったという感はあったのですが、それでもまだまだ、一般社会の37歳男性としてはコミュニケーションスキルが足らない事を痛感しました。

それはやはり、私がマニア層に属する人間であり、今で言ったらニートとそう変わらない精神構造を基本としているからだと思います。ふとした瞬間に、同じ属性の人でないと通じない対応を取ってしまうのです。

そんな昨今、『コミュニケーションはリーダーシップの基礎』という記事を読んでいて、ふと思う所がありました。

----------以下、引用----------
 ここが元ITエンジニアのリーダーの1つの分かれ目と思います。自分の職位・職制にふさわしいコミュニケーションスキルを身に付け、好感を持たれる人間を目指すか。または過去の自分にしがみつき、コンピュータスキルに固執し、無愛想なままでいるか。
-----------ここまで----------

自分が本当はどんな人間であったとしても、相手からは、あくまで自分の実年齢や職位に即した行動や対応を期待されます。ビジネスの世界では、その期待に即した対応が取れないと、どんなに特定の分野で才能があっても、将来的に大きなハンデを負ってしまいます。
歳を取れば取るほど、実際の自分と期待される自分との距離は開きかねないので、どんなに嫌な人がいても、どんなに嫌な仕事があったとしても、最低でも3年はその場に留まって、今ある現実を自分の肥やしにするべきでしょう。

今仕事に着いていない若い皆さんには、その会社に一生居るかどうかは別としても、何処かの会社組織に入って、社会人としての訓練を受けて欲しいと思います。
辛い事もあるでしょうが、できればいろんな世代のいる会社のほうが、学べる事も多いのではないかと思います。

組織の中で訓練されないと、いずれ自分が苦労します。
やんちゃが許されるのは、若い時だけですから。
親しい仲間内だけで許されるものは、コミュニケーションスキルとは呼べないんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

他プロバイダを解約した

…ということで。
旧ホームページの移転に伴い、他プロバイダを解約した。
ここ数年は、そこのメールアドレスとホームページの維持の為にお金を払っていたようなものなので、メルマガ等の登録を変える以外、大きな問題は起こらないハズだ。

そこのプロバイダとも長い付き合いだったが、今月でお別れである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページを移転した

もう8年も前に更新を止めた、私のホームページを移転させた。
リンク先もほとんど切れているし、アクセスカウンタも潰れたままだが、面倒くさいので、そのまま新しい所に単純に移動させた。

なんだか、都市開発の為に墓地を移管するような気分だ。
旧プロバイダは近日中に退会する予定。

まあ、私の青春の1ページを残しておくつもりで、このままにしておこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのsofmap.com

まだまだバタバタの忙しさは続いています。週末の疲れもあって、バテ気味です。
こういう時には、何か自分にごほうびをあげるのが一番です。(^O^)

例によって特価情報を見ていたら、sofmap.comでノート用の安いTVキャプチャカードを見つけてしまい、買い求めてしまいました。
ロジテックのLVC-TV/CBです。(税込み、送料込み6,494円)
残っていたポイントを全て使って、上記から少し値引きです。

ヲイヲィ、またTVキャプチャカードかよ。(^_^;)
いやでも今度のは、CardBusでハードウェアエンコでTVチューナー付きで…。
旅先に持っていって、ホテルのアンテナ線を繋いで、ごにょごにょ…。

…まあ、それはともかく。
これで我が家で稼働中のPCは、ノートもデスクトップも全て、ハードウェアエンコードのTVキャプチャカードと記録型DVDドライブを装備することになってしまいました。(^O^)
もはや何処にも繋ぐ意味の無い、USB2.0のハードウェアエンコキャプチャBOXをどうしてくれましょうかねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通販おでん、食べる

味のやま徳で買った、15個入り2000円(送料込み)のおでんを食べはじめました。
いやぁ、すっかり忘れていたんですね。賞味期限が長くないことを。
もう少しで、毎日おでんを食べなくてはならないところでした。

実は、からしを買い忘れていたので、ちょっと一味足りない物足りなさがあったのですが、これ1袋で充分晩飯のおかずになってくれましたよ。
ダシの効いたおでんの汁に、ご飯を浸して一気に食べる。
美味ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笛吹けど人踊らずになった時点で、株なんてゴミに変わる

楽天-TBS問題であります。
連結売上高に対して株式時価総額が高すぎるというのは、人心の期待のバブルを起こしているということでしょう。
そういう意味で、楽天は商売が上手いと言えるんでしょうね。
私も楽天の世話になっているし、期間限定ポイントに一喜一憂していますからね。

でも、『笛吹けど人踊らず』になった時点で、そんな株なんてゴミに変わります。
こういう例がいっぱいありそうなので、私は株なんてものに手を出せないのです。
怖くて手が出せませんよ。ババひきたくないもん。(^O^)

…あ、お札だってただの印刷された紙切れで、国家の信用基盤が崩れたら、タダのゴミになるんだった。(+_+)
よかった。ウチにある資産が備蓄食料だけで。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

うお~、上司が大激怒してる~!

私のミスじゃないんだけどさ。部下のミスでもないんだけどさ。
久しぶりに、大噴火しています。
いやぁ、火の粉の直撃を受けないようにするのが大変です。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はねとび…。

見ていて、ふと思った。

女芸人って、女である事を捨てようとしないとネタにならないのかな?

ウケる十八番ネタがない女芸人は、女というイメージを崩さないと、やっていけないのかな?もしかしたら、女芸人自身がそう思い込んでいるとか…。

虻川のハードレズとか、伊藤のバカ食いとか…。
以前のエンタのクワバタオハラもそうだったが、『それじゃ芸人として続かんぞ』と言いたくなってしまう。見ていて苦笑というか、嘆いてしまうのね。どちらも悪いコンビではないと思うんだけどね…。
何か1つ十八番ネタがあれば、それを引っ張り続けることもできると思うけど…。
(とはいえ、ギター侍は一つの形を引っ張り過ぎだと思う)

そのへん、いとうあさこの「三十路を過ぎて、はや5年」というツカミは、自虐的ではあっても、まだ清々しさがあると思うんですよ。
話し方もあると思うんですが、それほどイヤミとかヒガミとかには聞えないんですね、少なくとも私には。

女芸人って、ホント大変だと思います。
批判的な事を書いてしまいましたが、北陽さん、クワバタオハラさん、頑張ってください。
私はいち視聴者として、そこそこ注目しているつもりです。(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Edyをパソリでチャージ

ものは試しというか、パソリでEdyにチャージしてみました。
最低金額の3000円ですけれど…。
できれば1000円からチャージできるようにしてほしいところです。

パソリにクレジットカードをかざしているだけで、入金終了。
こんなんでお金が動いちゃったことになるんだよなぁ。
あっけなくて、逆につまらない。(^^ゞ
お金がヴァーチャルになると、お金への執着心も薄れちゃったりして。
気をつけないと、通常のクレジットカードより使ってしまいそうで怖いです。

明日は外出先で晩飯を採らなければならないので、ampmでEdyを使ってパンでも買いましょうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごろ寝deスクを組み立てた

日曜日に届いたごろ寝deスクを、やっと組立ました。
今、ごろ寝deスクを使いながら、この原稿を打ってます。

寝たまま画面を見るぶんには、姿勢も楽で便利です。
しかし、寝たまま原稿を打つのには向いていません。
打つキーの位置と、使う人がどの指をどう使って入力するかによりますが、結構体に負担がかかります。

私の場合は、右の二の腕と首に負担がかかります。
奥のキーを打つのに腕を持ち上げる形になるのと、位置関係の把握の為にキーボードを見る回数が増えるので、枕に乗せた頭の顎をひく回数が増えるためです。
慣れれば楽な入力体勢を見つけられるかもしれませんが、今はまだ非常に疲れます。
ミスタイプも多いです。

天井の明かりが直接目に入るのと、それに比べて液晶が暗く感じる事、影になったキートップが暗い事もあって、長時間の入力には向きません。
キートップが光るノートPCなら、部屋の明かりを暗くしても入力できるでしょうが…。

部屋の明かりを消してDVDや録画ファイルを見るのには、すごく向いていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

考えをまとめている余裕がない

最近、出張なりなんなりで、そこそこ忙しく、ウェブを中心にいろんな情報には接しているんだけど、それに対する意見をまとめている時間がない。
なので、ここに載せるような文章を書けずに、買ったものの評価やPCの事ばかり書いています。

まあ、こういう時期が過ぎるとまた何か書きたいことが渦巻くと思うので、ぼちぼちエントリーし続けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リモートデスクトップ共有をする

リビングPCと寝室PCの2台で、とりあえず毎週の番組予約を仕掛けた。

リビングPCでは晩飯の際に録画ファイルを見るので、あまり長時間のものを録画するのには向かない。しかし、深夜番組をはじめとして30分ほどの番組を録画する事は意外と多く、リビングPCのほうが録画件数が多くなってしまった。
これから冬になれば布団の中で番組を見たいと思うだろうから、そのための仕組みを用意しなければと思った。

リビングPCと寝室PCの、録画ファイルの保存フォルダを互いに共有設定することで、どちらからでも収録番組を見る事はできる。
そうなると次の段階は、他PCからの録画予約の設定と、相手先のWindowsの終了(休止状態への以降)だ。

結論から言うと、Netmeetingでリモートデスクトップを有効にすることで、これらが可能になった。
相手先のPCのデスクトップ画面が、こちらのデスクトップの中に表示され、キー操作できるようになるのだ。相手先PCの録画予約ソフトを実行すれば、ほんの少しタイムラグはあるものの録画予約の設定ができるし、相手先のWindowsの終了もできる。

…ん?ということは、リビングPCがマルチディスプレイである意味がなくなったか。(^_^;)

ノートPCからも同様のことはできるので、ベッドのゴロ寝deスクでノートPCを使い、リビングPCに録画予約をしたり、ファイルを再生することが可能になる。
これで、SmartVision Pro HD40でやっていた事がほとんど置き換えできた。
残念ながら、消費電力はかなり増えてしまったが。(^_^;)

残るは、寝室PCやノートPCから、リビングPCの電源を入れることだが…。
これは今のところ宿題にしておきます。
Wakeup LAN機能でできそうだけど、予期せぬ状態で起動させてしまって、録画に支障が出だしたら困るので…。

しかし、ほんの数歩の移動を面倒くさがるなんて、私もほんとダメ人間ですね。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TVパソコンをマルチディスプレイにする意味

我が家のPCは2台ともマルチディスプレイになっています。
寝室PCは15インチと17インチの液晶ディスプレイに、
リビングPCは21インチTVと15インチの液晶ディスプレイに、
それぞれグラフィックカードの機能を使って、マルチディスプレイにしています。

これは、録画した番組を見るならTVに出力したほうがボケ味も綺麗になるからです。
また、高解像度の液晶に拡大されたり、中央部分に実サイズで表示されるよりは、中解像度で高輝度に設定した液晶で見たほうが綺麗に感じるからです。
でも、TVでは精細な字を読み取ることはできません。

…なので私は、録画ファイルはTVに映し、EPGを使った番組予約をする時は液晶表示側で作業するように設定しています。(EPG一覧局数が増やせる)
最近のグラフィックカードなら、5000円程度のものでもS端子とVGA端子を備えている事が多いので、こういった使い方が可能になります。

こういった場合、動画再生ソフト等のオーバーレイ表示をするアプリはプライマリ側のモニタにしか表示できないので、自然とTVをプライマリ側(優先)として設定しなくてはなりません。
アプリによっては、プライマリ側にしかウインドウを開こうとしないものもあるので、注意が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんとか録画だけは

リビングPCは、なんとか録画だけはできるようになりました。
リアのコネクタに繋ぐと音が出ないとか、TVのライブ表示ができないとか、マイナートラブルはいくつかありましたが、それぞれ、なんとか解決しています。
今朝は録画にも成功し、あとは各録画予約を2台のPCに振り分けるだけです。
まあ、あと1日くらいで環境は作れるでしょう。

しかし、また壊れたPCパーツが増えた…。
年末には、粗大ゴミを呼ばないとダメかなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

マザーボード破損!

どうやら、まだまだ物を壊すオーラが出ているらしい。
リビングのPCにキャプチャカードを差し、無事に動作することを確認した後、寝室PCからメモリを移植すると、どうも不安定になる。
スロットを替えたり、結局一枚しかメモリを差さないでいると、安定したようなので、バックアップイメージファイルを作ってDVD-Rに焼き、HDDを換装して、イメージから復元した。
そうすると、またまた不安定になってしまったのである。

メモリ回りらしいとは想像していたので、またスロットを替えたり、元々のメモリに戻したりしているうちに、BIOS画面にすら行けなくなった。CPU名とメモリ容量を表示したところで先に進まず、キー操作も受け付けないのだ。
そうこうするうちに、ついにPOSTすらしなくなった。電源を入れても、画面に何も映らず、ビープ音もしないのである。
BIOS初期化ジャンパを使ってもダメであった。
最小構成にしてオンボードVGAを使おうとしてもダメ。
ご臨終だ…。

もしかしたらCPUを抜き差しすれば復活するかもしれないが、Soket478で、かつ純正リテール版のCPUクーラーをスリムケースにいれている為、CPUの抜き差しは非常に面倒だ。
一度安定したと言っても、またいつか状況が再現するかもしれない。

仕方が無いので今、古いマザーボードに替えて、OSからインストールしなおしている。
チップセットが違うので、Windows2000がブルースクリーンになって、前の環境のままでは起動しないからだ。

古いマザーなので、USB2.0には対応していない。
まあキャプチャがPCIになったので、USB2.0も必要ではないのだが…。

これからサービスパックを当て、ドライバを入れ、アプリの入れ直しである。
焦っても苛ついても仕方が無いのだが、なんだか納得いかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝室PCから異臭が!

寝室PCを録画マシンとして使いはじめて、時々異臭がするのに気が付きました。
どこかのコンデンサが限界なのかもしれないですね。
寝室PCはSoket478のセレロン2GHzなんですが、最近のCPUに比べればまだ消費電力は低いものの、空冷FANがなければ動かすことはできません。そのFANがそれなりな風量なので、うるさくて動作時に寝ていられなかったりするんですね。
ローカルに録画したMPEG2ファイルの再生なら、それほどのパワーがいらないはずなので、もし寝室PCまでご臨終になった時には、VIA C3チップの載ったFANレスマザーにでもしたいです。
…でも、小さかったり静音だったりするデスクトップPCは、HPのノートPCより高かったりします。(^_^;)

どうせ動画の編集や再エンコードはしないので、1GHz程度で充分なんです。
壊れた時点でお買得の中古PCでも探すことにしましょうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月9日 - 2005年10月15日 | トップページ | 2005年10月23日 - 2005年10月29日 »