« ThinkPad X24、仕事で使われる | トップページ | レノボのイベントに行く »

ラッセル・ワトソンのコンサートに行く

さてさて、チケットを買ってから一ヶ月あまりが過ぎ、待望のラッセル・ワトソンのコンサートに行ってまいりました。(^○^)

私はこういうコンサート会場なんかには場慣れしていなくて、会場前から居心地が悪かったりしていました。
なんたって、会場の女性客の比率、高すぎでしたから。
母娘のペアと思われる人も多くて、男の一人ものなんざ、ほとんど見あたらない。
私の席の両脇も上品な女性だったので、それだけで無意味に緊張してしまいました。(^^ゞ
「あ~、ワシ、ここにいていいのかしらん?」なんて感じで。

しかし、実際にコンサートが始まってみると、その圧倒的な美声に魅せられて、グイグイ引き込まれていきます!
情感を込めて歌われるラッセルの声は、CDとはまた違った意味で素晴らしいです。
彼を中心に空気の波動が変わって、こちらに染み込んでくるような感じがします。

…やはり、来てよかった!
当日は小雨まじりで、ちょっと憂鬱。
かつ出張の谷間ということもあって、体調は万全にはほど遠かった私。
でも、始まってみれば、ラッセルの歌声に引き込まれて、背筋が伸びた感じがしました。

最終日ということもあってか、最後は「もう歌う歌がないよ」と言うくらい、何度もアンコールに応えてくれました。もう、座っているこっちの腰が痛くなるくらいでした。(^O^)
ラッセルがアンコールに応えてくれるように、観客に目配りする指揮者の人も素晴らしい。
結局、二時間半を超える、ゆったりとして上質な、密度の濃い時間を過ごさせていただきました。もう大満足です!(^○^)
次回は一人ではなく、誰かと一緒に聴きに来たいです。
この雰囲気と空気と暖かさは、独りで来て楽しむのには、もったいなさ過ぎます。
クラシック音楽を普段聴かない人だとしても、このコンサートはきっと楽しめると思いますし。

今回は2階席の前のほう、ほぼホール真ん中の席で聴く事になったのですが、次回があれば、ぜひ一階席で聴きたいと思いました。
それに、次回は忘れずにオペラグラスを持っていくことにしようと思います。

帰り際、人だかりが出来ているのは何?
…と思ったら、当日の楽曲の一覧が張り出されていました。
アンコール部分は手書きです。
皆さん、必死でケータイのデジカメで撮っていらっしゃる。
私は帰りの時間もあるので、有楽町駅に向かって急ぎました。

…ということで、私にとっての初のコンサートは、非常に味わい深いものになりました。

ちなみに…。
この文章は、曲のあいまの休憩時間にW-ZERO3で入力したものが元になっているのですが、会場にW-ZERO3ユーザーが他にいたようには思えませんでした。(^_^;)

|

« ThinkPad X24、仕事で使われる | トップページ | レノボのイベントに行く »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

とても満足のいくコンサートでよかったですね。
昨年のクリスマスコンサートはCDとかわらない歌声で大満足でした。
しかし、5/18のコンサートでは、最初からラッセルの声が安定せず、体調が悪そうでした。
プロですから途中からは良くなってきたのですが、複数回のコンサートのうち、残念な1回にあたってしまいとても悲しかったです。
それでも、素晴らしい才能をもっている彼ですから、当然次回のコンサートも行きますよ~!
ところで、平日ということもあり、仕事帰りの男性が途中から一人でコンサートに来ていました。

5/17はラッセルのディナーショーがありましたが、お一人様5万円のため、それは泣く泣く断念。
(家族3人で15万円は・・・)
公式のサイトでは、年内の日本コンサートは無いようです。

投稿: POCHI | 2006年5月26日 (金) 11時59分

ご無沙汰しております。ネットサーファーです。
kamiken1968さん、POCHI さんコンサートに行ってこられたのですね!
私も今回は家族3人で行ってまいりました。

兵庫県立芸術文化センターの近隣は瀟洒な地域が多く、豊かな生活者が多いせいか、客層もどこかアカヌケタ人が多かったように思いました。
よって我ら3人、ちょびっと萎縮してしまいました。(笑)

ところで、以前スピーカーから「サァー」という音が聞こえると書きましたが、両サイドに設置されたスピーカーから近い席は、残念ながら今回も聞こえていたようです。

幸い今回は1階のほぼ真ん中の席で、ラッセルと目線がほぼ同じところだったので、そんなに気にはなりませんでしたが。

で、今回気づいたのですが、スピーカー等の音響機材は、どうもラッセルが持ち込んでいるようですねー。

出来ればマイク無しで歌って欲しいのですが、そうなると、大きいホールで、彼の短い滞在期間に何回も歌う事は、彼の負担が大きすぎると思うし、かと言って小さいホールにすると、ペイしないかもしれない。
出来れば彼のゴールデンボイスを最大限忠実に反映させる、徹底した音響対策をお願いしたいです。

↑私は一体何様のつもりかと、自分で書いていて思いました。


で、今回もチャメッケたっぷり、サービス精神たっぷりなコンサートでした。
舞台から降りてきて、私たちの2メートル前まできてくれましたよ。
いやー非常に小顔でした。白くてハンサムでしたねー。握手出来なかったのが残念です。

前のほうの席のおばちゃん軍団は、関西パワー爆発で、サインペンがないのにプログラムにサインしてもらおうとしていて、ラッセルの目が点になっていました。
でも、テンパってもしょうがないですよねー。(笑)
そうさせてるのは、彼自身ですからねー。

ちょっと話とびますが、17日に彼は、東京都千代田区のホテルで開かれた「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン創立20周年記念チャリティ・ガラ」に出席して、天皇・皇后両陛下の前でパフォーマンスをしたそうですね!
これは、すごいことですよねー。
来てます!確かに大きな波が来ているのを感じますねー。

kamiken1968さんも非常に満足されているようで、よかったです。

また、機会があればいくぞ~い!!

では。

投稿: ネットサーファー | 2006年5月28日 (日) 12時50分

今回のオーチャードホールでのコンサートの補足です。他のサイトを見ても、皆さん「素晴らしい」というコメントのみなので・・・

コンサート序盤、ラッセルが楽譜に軽く触れた瞬間、スタンドの高さがいきなり下がってしまったんです。スタンドの調整が悪かったんでしょうね。
ラッセルはジョークですませてくれたのですが、指揮者が台から降りて、スタンドの高さを直してくれました。その後大拍手。

コンサート中盤~後半では、オーケストラの方がソロで演奏している時、いきなり音をはずしてしまったんです。(シャープかフラットにしそこねました)
音楽家でも何でもないど素人の私でもわかるくらいのミス。

これにラッセルの声の調子が重なってしまいました。本当に残念。

ニュースキャスターの筑紫哲也さんをコンサートで見かけたことが、ラッキーだったかな。
(大阪では大助&花子を見かけました)
でも、ラッセルが来日してくれただけでも良かったです。
昨年のカナダコンサートは体調不良で中止、今年のイギリスツアーも1ケ所中止になりましたから。

投稿: POCHI | 2006年6月 3日 (土) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133996/10220926

この記事へのトラックバック一覧です: ラッセル・ワトソンのコンサートに行く:

« ThinkPad X24、仕事で使われる | トップページ | レノボのイベントに行く »