« 除湿機を買う | トップページ | NHK受信料をカード払いに »

あなたがパソコンにかけられる金額はいくらまでですか?

パソコン歴が長いと購入相談を持ち掛けられる事が多いのですが、その時に私は、必ずタイトルの言葉を口にします。
するとですね~、面白い事に、この金額が毎年下がっていくんですよ。

相談してくる相手の中には、ケータイ本体に3万とか出すし、ひと月の電話代に一万円以上かける人もザラにいるけど、そういう人に限って、パソコンを買う時には『安ければ安いほうがいい』と言うんですね。
そのくせ、10万円のDVDレコーダーは買ったりするんですよ。(-_-;)

やる気になれば、ケータイなんかよりよっぽど便利で、ケータイでやっいる事をもっと安くできるかもしれないのに、パソコンを仕事の道具に毛が生えた程度のモノとしてしか見てくれないから、1円でも多くの金がかかるのを惜しむ訳です。
実際、彼らにとってパソコンは、使用頻度が恐ろしく低いモノのようですから。

パソコンを使いたいと思う人や、どうしても必要な人には、すでに行き渡ってしまっていて、どう付加価値を付けようが、今持っていない人に高いパソコンを買わせるのが難しくなっているなぁ、と思うのです。
こういう人に、いかにパソコンの便利さを説いても、なかなか解ってもらえません。

もう、パソコンって、そんなに競争力のある商品じゃないと思うんです。
私だって、ダグラムのDVDに6万かけるクセに5万円以下のノートPCを使っている訳だし、手元に自由に使えるお金が10万円あっても、それをパソコンだけに使うなんて、絶対にしませんからね。
なんかもうパソコンって、特にデスクトップPCは五万円で売って利益が出るようにしなければ、ますますジリ貧になっていくのではないかと思うんです。

SONYは最近、PS3はコンピュータであるとアピールしていますが、発売時点でWindowsも動かないコンピュータに、六万円も払う人がどれだけいるか、興味津々です。

|

« 除湿機を買う | トップページ | NHK受信料をカード払いに »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133996/10446783

この記事へのトラックバック一覧です: あなたがパソコンにかけられる金額はいくらまでですか?:

« 除湿機を買う | トップページ | NHK受信料をカード払いに »