« 結局、金なのか | トップページ | USB2.0なPCリンクケーブルを買う »

ThinkPad R30は実用ギリギリ?

Cerelon800MHzでメモリ640MBな、我が家のThinkPad R30。
ここまでやったら毎日使わないとモッタイナイので、取り溜めた録画ファイルの視聴用に使うことにしました。
今まではX24で同時にやっていたのですが、TV録画の再生はR30に任せ、その間のながらウェブサイト巡りやメールやスカイプは、全てX24でやることにしたのです。

R30はステレオスピーカ搭載なので、X24より動画視聴に向きます。
しかし、スカイプをやるには、マイクを内蔵していないのが不便です。

…と、いうことで。
14インチの画面を活かすべく、動画再生ソフトやコーデックを組み入れました。
ところが、LAN上のMPEG2ファイルの再生は、実用ギリギリのようです。
きっと、グラフィック性能が低い(グラフィックメモリ容量も帯域も不足している)せいでしょう。R30のグラフィックはチップセット内蔵で、容量も8MBから増やせません。
有線接続でもCPU占有率が上に貼り付くので、無線LAN化は諦めました。
元々旧寝室PCで使っていた、きしめん状のLANケーブルはそのまま這わせてあったので、寝室で使うぶんには取り回しに問題ありませんから。

今、R30は寝室の冷風扇の上に鎮座し、リビングPC内のTVデータを再生しています。
ウルトラベイ2000でDVD-RやセカンドHDDも簡単に着脱できるので、時には焼きマシンになったり、時には少電力なPCサーバーになったりと活用していけそうです。

|

« 結局、金なのか | トップページ | USB2.0なPCリンクケーブルを買う »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133996/10810832

この記事へのトラックバック一覧です: ThinkPad R30は実用ギリギリ?:

« 結局、金なのか | トップページ | USB2.0なPCリンクケーブルを買う »