« USBワンセグチューナー用アンテナ変換ケーブルを買う | トップページ | この際だから、光接続を申し込む »

W-ZERO3[es]と初代Keibord

Keibord+IEが使えるんなら、初代Keibordも使えるハズ…と思って、押し入れからゴソゴソ出してきました。
もちろん、こちらもW-ZERO3[es]で使えました。

いや、むしろ初代Keibordのほうが、W-ZERO3[es]には合うかもしれない。
どうしてかというと、初代のほうがファンクションキーの入力がカンタンだからです。
(顔文字の入力もカンタンですけれども)

W-ZERO3[es]にUSBキーボードをつけた場合、シフトキー1と2は、それぞれF1とF2キーに割り当てられます。(ちなみに、OKボタンはwin+F6なので、Keibordでは無理)
WM5機ではシフトキーを多用するので、これが入力しやすいほうが便利です。
どうせマウスカーソルを出さないのなら、ポインタが使いづらい初代Keibordでも充分ですからね。

…ということで、死蔵品になっていた初代Keibordに、とんだところで光が当たったのでした。(^O^)
メディアファイル再生操作用と割り切れば、Keibordの出番もあるかも。
実際にW-ZERO3[es]と一緒に携帯するかは、わからないけどね。(^^ゞKeibord

|

« USBワンセグチューナー用アンテナ変換ケーブルを買う | トップページ | この際だから、光接続を申し込む »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133996/12842042

この記事へのトラックバック一覧です: W-ZERO3[es]と初代Keibord:

« USBワンセグチューナー用アンテナ変換ケーブルを買う | トップページ | この際だから、光接続を申し込む »