« W-ZERO3[es]のスタイラス、折れる | トップページ | 赤耳、来る! »

初代W-ZERO3をSkype端末にした

ファームアップしたW-ZERO3[es]が徐々に使い勝手が良くなっていく一方で、初代W-ZERO3はただの無線LAN内蔵PDAになりさがっています。

せっかく802.11bで自宅のLANに収容できている訳だし、フォーマットしたW-ZERO3にSkypeを入れて、専用機のように仕立ててみました。
鳴るスピーカを前面に切り替えて、Skypeでログインすれば、電話として使っていた時と同じように会話をすることができます。

Skypeだけではモッタイナイので、動画再生ソフトもインストール。
久しぶりに初代W-ZERO3を使ったので、液晶の大きさに感動してたりして。
ここまで設定すると、トイレでの暇つぶし用に最適です。
防水ケースに入れて、風呂でも使ってみたくなります。
Core Playerが、MPEG2ファイルをそのまま再生できれば、使い道も広がるのに…。

無線LANの利用ではすぐバッテリが減ってしまうので、横で24時間稼働しているThinkPad R30のUSBポートから電力を貰いっぱなしにしています。
Skypeでお呼びがかかったら、コードを抜いて話す、と。

しかし、私のSkypeのコンタクトリストには2人しか名前がない。(^^ゞ
事実上、特定の一人とのホットラインになってしまっています。

知り合いが皆、Skype始めてくれないかなぁ…。

|

« W-ZERO3[es]のスタイラス、折れる | トップページ | 赤耳、来る! »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133996/12928206

この記事へのトラックバック一覧です: 初代W-ZERO3をSkype端末にした:

« W-ZERO3[es]のスタイラス、折れる | トップページ | 赤耳、来る! »