« 2006年5月7日 - 2006年5月13日 | トップページ | 2006年5月21日 - 2006年5月27日 »

2006年5月14日 - 2006年5月20日

ついにチューナーカード3枚差し!

結局我が家のデスクトップPCは、2台もあるくせに地上波TVを録画する事にしか使われていない。
そのくせ、2番組同時録画機能をもってしても、番組がカブる時はカブる。深夜すでに2番組を録画していながら、もう1番組も見たいなんて事もある。
その時、寝室PCの電源を入れると、動作音がとても気になって大変。
よし!TVチューナーBOXも増えた事だし、この際だからデスクトップPCを1台減らそう!
…と、思い立ちました。

残念ながら、今リビングで使っているPCは、ケースはMicroATXですが、マザーがFlexATXの為、PCIが2枚しか刺さりません。しかも、オンボードのUSBは1.1です。
…なので、こいつを引退させて、寝室PCを録画専用マシンに仕立てました。

2GHzのCPUとDL対応の記録型DVDドライブを備え、マルチディスプレイ環境下でスキャナまで接続されていたくせに、ほとんど使われる事のなかった寝室PCが、ついに毎日稼働することになるのです!!

GV-MVP/RXLEが3枚も刺さって、完全にビデオサーバーと化した、旧寝室PC!
テレビ録画にしか使われないくせに、1GBのメモリ搭載です!
データの保管時には、USB2.0でMpeg HD GateのHDDが接続され、DVD形式で書き出す時の為にDVD作成ソフトが、W-ZERO3の為にMPEG4へのコンバート用ソフトが入っています。

連日安定動作するかどうか不安ですが、3番組同時録画も可能となって、ますます便利になりました。(^○^)
しかし、思っていた以上の爆音で、隣の部屋で駆動しているのにも関らず、寝室にいてもはっきりと駆動音が聞き取れます。
近くでFSR-07が24時間連続動作しているせいもあるのでしょう。寝室に置いていた時よりも音がうるさく感じられます。
来客時にいきなり録画が始まって動きだすと、きっとお客さんが驚くこと請け合いです。

さて…。余ったパソコン、どうしてくれよう??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Media TV Gate VE-TG001を買う

TV/FMチューナー内蔵AVコントローラー、VE-TG001を買いました。
入力端子数の豊富な、パソコンディスプレイ用TV/FMチューナーBOXです。
(SとRCAだけで、入力端子の種類が多い訳ではないのが残念ですが…)

まあ、以前からTVチューナー無しのVABOXを使っているんですが、「この際だから、近い将来、自宅のブラウン管テレビを一掃しよう,でも、フルHDテレビを買うのはまだ先ね」という事で、ほとんど使っていない、寝室PC向け液晶ディスプレイを活用すべく買ってみました。
これを使って「なんちゃって液晶TV」を作るわけです。
その分、寝室の14インチTVは廃棄となります。

セブンドリーム・ドットコムで、こちらも1万円(税込、送料別)でした。

5系統も入力端子があるのに、今現在使っているのは1系統だけです。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mpeg HD Gate VE-HD001Pを買う

DivX再生対応DVD/HDカセットプレーヤー、VE-HD001Pを買いました。
USB HDDを組み込むことで、中の静止画や動画を再生できるDVDプレイヤーです。
NTFSにも対応していて、現状でも400GBのHDDまで動作確認されている事を考えると、データの転送をUSBでPCから行い、普段の保存と再生をDVDプレイヤーで行なえるというのは、面白そうだなぁと思ったのです。
3.5インチHDDなら、コストパフォーマンスも高いし。

我が家の超マイナーな多機能NAS、FSR-07は、速度が遅いうえに対応HD容量が最大137GBなので、現状120GBのものが入っており、それでも充分な空き容量を持っているのですが、動画の保存を考えると心許なく、そのうちビデオサーバーだけは別に用意しなければならないのでは?と思っていました。
そんな時、この商品を見つけてしまったので、飛び付いた訳なんですね。

購入はセブンドリーム・ドットコムで、1万円(税込、送料別)でした。
取り敢えず、手元のHDDで試してみましたが、GV-MVP/RXLEで録画したMPEG2データは問題無く動作しました。
基本はDVDプレイヤーですから、CMスキップ機能等はないものの、動画を見る時にパソコンより電気も食わず、起動も速いのは便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダグラムをぐりぐり

今まで、フィギュア系のモノはケロロかスタトレ関係しか買わず、ガンダムもボトムズも、もちろんゴールドライタンも買っていない私ですが、今回はついつい買ってしまいました。
いろんなところがグリグリ動く、海洋堂のリボルテック No.2 ダグラムです。

レビューを見て、つい欲しくなってしまったんですね~。
そんなに高いものでもないし、Amazonなら送料込みで翌日には届くので、抑えが効きませんでした。(^^ゞ

届いたブツを、さんざん弄って、さんざんポーズ作って、リビングに飾りました。
1790円で、だいぶ幸せになりました。
いや~、男って、いくつになってもホント、子供ですよね~。(^○^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

31P8974の使い心地

ThinkPlus USBキーボード ウルトラナビ付 [31P8974]を会社で使っています。
とりあえず第一印象として、『これはスペース・セーバー・キーボードII[28L3652]とは、全く別なものなんだ…』という落胆がありました。

私は、今はほとんど仕事で長文を書くことはありませんが、このキーボードで長文を打ったり、レポートや原稿を書けと言われても『無理だ!』と投げ出すと思います。

ハッキリ言いまして、これに一万円を払ったとしたら、かなり後悔したことだと思います。
今一万円で買えるキーボードは、もっと打鍵する満足感を与えてくれるのではないか、と思うのです。たとえば東ブレのキーボードとかね。
このキーボードの構成部品が、原価として幾らなのかは知る由も無いのですが、キーの出来と打鍵感の心許なさは、(薄型キーボードである以上、仕方ないとはいえ)とても一万円のものとしての品位と風格を備えていないと思うのです。

それはたぶん、キー下のスイッチの出来であったり、キーそのものが華奢な為に起きるキートップのガタつきを、打鍵時に指先が感じる事による不快感が原因だと思います。
右ボタンや左CTRL、左Altキーなどは、端のほうを押した時に、入力されないことすらあります。
そのへん、スペース・セーバー・キーボードII[28L3652]は昔ながらのデスクトップPCのキーボードのように、非常に質実剛健で、打鍵に忠実に従ってくれる感じがあります。

これはトラベルキーボードではないのだから、持ち運びの容易さ、本体の薄さ軽さは必要とされないハズだし、もっとタフな用途に使えるキーボードとして設計して欲しかったな、と思います。まあ、あまり数が出ないであろうこの種のキーボードに求められるものではないとは、分かっていますが…。う~ん…。残念です。

これがトラベルキーボードなら、『軽くて持ち運べるぶん、仕方ない』と妥協できるんだろうけど…。

なにせ、私が使っているThinkPadが四年前発売のX24なもので、最新機種のキータッチがわからないのですが、このキーボードの質感に比べたら、X24のほうが遥かに私の打鍵を妨げません。
それだけ私が特殊なんだろうと思いますが、少なくとも、トラックポイントにこだわる限り、新しいキーボードに出会う見込みは少ないので、今はこの打鍵感を脳が『快適』だと感じてくれるのを祈りながら、少しずつ付き合っているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メガネを新調する

『メガネは顔の一部です』というCMがありましたが、私も、ほぼ小学校入学以来ずっとメガネをかけているので、すっかり顔の一部として定着しています。
私にとってメガネは生活必需品であって、消耗品であるが故に、安いが一番です。
私にとって、メガネはトイレットペーパーと同程度のモノなのです。
50cm先のディスプレイの文字さえ読めれば、安いメガネほど有り難いと思ってしまいます。

しかし、斜視と乱視がキツく、色はわかっても物体の形状を認識できない左目のおかげで、メガネはなかなか安く作れない。検査にも時間かかるし…。
かろうじて裸眼0.1くらいある右目も、乱視が入っていて、今だに症状が進むので、安価なレンズでは作れず、1~2ランク上のレンズになってしまいます。
安いメガネはコーティングが剥がれるのも早いので、困りモノ。
レンズが厚くなるので、フレームも細いものでは作れず、重くなってしまうのも残念。

…と、メガネが必須な人のくせに、面倒で厄介な気がして、なかなかメガネ屋にも行きませんでした。
それが今回、地元に一万円メガネの店ができたので、『絶対一万円でできない』と解っていながらも見に行き、結局メガネを新調しました。

何度もレンズの比較をした上で、「左レンズは重さのバランスが取れていれば、度は入っていなくてもいい」と決めて、なんとか一万五千円(税込)となりました。
結局、左のレンズにも度は入っていましたが、視力にはほとんど影響無し。

新しいメガネの印象は、みんなはどのように感じているのでしょう??
今までとは雰囲気が変わっているような気もするんですけれども。
「メガネ変わりましたね」という以外の言葉は、全然言ってくれないんだよな~。
『髪型を変えても、回りの男が気付いてくれない…』という、女の子の気持ちがわかったような気がします。

しかし、安いとはいえ、びっくりラーメン80杯分…。
ミューズリー30Kg分…。
無洗米50Kg分…。
いやいや、こういう比較をするのがよくないんだよなぁ…。

ここでメガネを買った日に、錦糸町でもっと安いメガネ屋を発見するし。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私は、『ゲームのような人生を送りたい人』なんだ

PS3の事を書いていて、「つくづくアンチゲームな人になったのだなぁ、私…」と、思ってしまった訳です。過去の自分を必死に否定しようとする自分がいたりして。

う~んと、うまく説明できないけど…。
私は『ゲームをやりたい人』ではなくて、『ゲームのような人生を送りたい人』になったのではないか、と考える訳です。
ゲームをやりたいとか、ゲームに関りたいとかいう執着を捨てた代わりに、ゲーム的に生きたいという欲望への執着が強くなっているのです。

だから、ゲームの中でアイテムを揃えるように、実社会で物欲を満たしている、と。
スライムを倒して1Gを稼ぐような仕事でも、今はまだ効率がいいので、大ボスを倒すような仕事はしたくないな、と。

でも、自分の人生の主人公として、この現実世界は満喫したい。
クラスチェンジもしたい,レベルアップもしたい,好感度パラメータも上げたい,

もうヴァーチャルじゃあ、萌えないんだよなぁ…。
ヴァーチャルをカッコイイとも、それほど思っていないんだよなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月7日 - 2006年5月13日 | トップページ | 2006年5月21日 - 2006年5月27日 »