« MS-6833B MSI製 802.11b/g Mini-PCIカードを買う | トップページ | USB充電式携帯LEDライトなどを買う »

今後、アップルの作るものを全て家電とみなす

アップルコンピュータが、アップルになりましたね。
ジョブズ自身がいうように、もはやPC屋さんではないという事でしょう。
会社の寿命30年説に従った訳ではないでしょうが、奇しくも31年目にして、業態変更を鮮明にしたということですね。
これでアップルは、あと30年は大丈夫なのかな?

私は、PCといえばBasic、DOSもしくはWindowsを使ってきていて、どうしてもmacには馴染めなかったのですが、これからはアップルの出す商品を家電と同等に見なすので、今までよりmacアレルギーを感じる事なく、同社の製品に触れる事ができるようになるかもしれません。

バソコンだ…と思ってmacに触れるから違和感を感じる訳で、家電なんだと思えば、「こういうモノなんだ」と受け入れる事ができるかもしれません。
ラーメンズのCMじゃないですが、もはや同列に並べて語るモノではないのかもしれません。
HDDレコーダやHD-DVDプレーヤの中にPentium 4が入っているからといって、それをPCだと見なさないように、macやApple TVは、Intelチップを使っていてもパソコンとは(私は)みなさない事にします。

スマートフォンでも同じ事ができるからと言って、それをパソコンと呼ばないように、macは(私的には)パソコンではない、と。macはmacだと。

私は今後、アップルの作るものを全て家電とみなそうと思います。
家電という言い方が悪ければ、アプライアンス。つまりは専用機。

以下、私の色眼鏡を通して見たApple製品の区分けです。

i macは、人をAppleの世界観に導く為の、家庭用ゲートウェイ兼サーバ。
i Podは、Apple製のウォークマン。モバイルコンテンツプレーヤ。
Power macは、デザインとCGとパブリッシングの専用機。
mac Bookは、クリエイター志向の人の為の開発キット。またはステータスシンボル。
Air macは、Apple製品版のルームリンク。
Apple TVは、その延長上にロケーションフリーアダプタが垣間見えるSTB
i Phoneは、Appleの世界観の中でのスマートフォン。

つまり、SONYのような会社がもう1つ完成したと思えばいいんですね。(^O^)
SONYより商売上手そうですが。(^^ゞ

|

« MS-6833B MSI製 802.11b/g Mini-PCIカードを買う | トップページ | USB充電式携帯LEDライトなどを買う »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133996/13438264

この記事へのトラックバック一覧です: 今後、アップルの作るものを全て家電とみなす:

« MS-6833B MSI製 802.11b/g Mini-PCIカードを買う | トップページ | USB充電式携帯LEDライトなどを買う »