« 満身創痍のCP10がやってくる | トップページ | ThinkPad Z60tを買う »

増設メモリのトラブル

満身創痍で戻ってきたRIOWORKS CP10ですが、その中にはSAMSUNGのPC133 256MBメモリが増設されています。
早速それを取り外し、A30に差して見た所、どうにも不安定に…。
うまく使えれば、そのままA30を貸してあげられたのですが、そうもいかなくなりました。

2つのメモリスロットの片方でしか認識しない時点で不安だったのですが、起動中にブルーバックになったり、「メモリが"written"になることはできませんでした」というエラーが出たりします。読込み不良のようですね。

このSAMSUNGのメモリは、チップのパッケージサイズがすごく小さいのですが、256Mbitチップである事は間違いないと思います。
肝心のCP10が起動できないので、チップセット等の問題かどうかは把握できないのですが、こういうトラブルはメモリの交換以外に対処法がないので、悲しいですね。

以前、CASSIOPEIA FIVAでも同じようなトラブルが起き、256MBの増設メモリが原因だった事がありますが、駆動部分が無いからと言って、メモリも壊れる時には壊れますから、皆さんもご注意ください。

|

« 満身創痍のCP10がやってくる | トップページ | ThinkPad Z60tを買う »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133996/13629699

この記事へのトラックバック一覧です: 増設メモリのトラブル:

« 満身創痍のCP10がやってくる | トップページ | ThinkPad Z60tを買う »