« あれっ?死んだハズの20GBが…。 | トップページ | いただいたコメントへのReply »

無線LANの設定に行く

ひかりoneマンションコース タイプVな知り合いが、「無線LANアダプタカードを買ったから、設定してほしい」と連絡してきました。
「マニュアル読んでも分からなかったから…」とは言っていましたが、ハナから私を頼っているのは明白です。

まあ、普段触る事のないVistaマシンを弄る数少ないチャンスなので、断ることなく設定しに行きました。
私、Vistaマシンの無線LAN設定をするのは、当然初めてです。

NECのルータ(ホームゲートウェイ)に差せる無線LANカードを買ってきたので、ルータ側はそれを差すだけで無線がONになりました。
VAIO Type Fのほうは内部に無線LANのアダプタを内蔵しているので、本体の無線スイッチをONにして電源を入れたのですが、なかなかVistaが起動してこない。(-_-;)
察するに、ハイバネからの復活コケをしているようでした。
Vistaでは本当に電源OFFする機会を減らして、その分起動を速く見せる仕掛けがついているのですが、それが悪さをしているようです。

起動時にF8キーを押すとブートメニューが出るのは昔から変わっていないので、そこで「前回通常起動時の設定」を選ぶ事で無事起動させることができたのですが、Core2Duoなマシンのわりに、ウチのZ60t(Cerelon 1.4GHz,XP Pro)より、体感的には遅く感じます。

さて、起動したVistaで無線LANアクセスポイントの設定をしたのですが、マンション内で同サービスで無線LAN化している家がたくさんあるのでしょう。末尾番号の違うルータが、3つも4つも見つかりました。
その中で自分の家のルータをクリックし、WEPキーを入力すれば、無事に無線で繋がります。
肝心のWEPキーは、ルータ(ホームゲートウェイ)のラベルに書いてありました。

WEPキーがルータに書いてあるというのは、最近では当たり前の仕様なのでしょうか?
初心者にWEPキーを決めさせない→面倒な設定を省いて、無事に暗号通信させる
という事では良いと思うのですが、これでは一般人にとってルータが完全にブラックボックス化されていることになります。
結局、開通から無線LAN化まで、一度たりともルータの設定画面を開く事もなかった訳で…。

無線LANに限った事ではないのですが、PCの家電化が進むと、かえってユーザーのITリテラシが低下するようで、将来に不安を感じてしまいます。
今回のVAIO Type Fユーザーも、何かあったらメーカーサポートに駆け込みそうですし。

あ、その前にウチに持ち込まれるのか。(-_-;)

|

« あれっ?死んだハズの20GBが…。 | トップページ | いただいたコメントへのReply »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です(^.^)先日、私の友人が、知人宅の無線LAN化に行ったのですが、その知人宅市街地内でADSLも光もケーブルも引けるというのに、未だにISDNでNETしているのです。で、そのISDNを無線化するというので友人が行ったのですが…。
無線化出来ずに、NETはケーブルに切り替える事となりました。さんざん携帯に繋がらね~と連絡あり、その度に色々思案してアドバイスしたけど、ISDNと聞いて、先に言ってくれという思をしました。最近は機械さえあれば何でも出来ると思っている方も多く、メンテナンスなどしなくてもいいくらいに考えています。ましてや、パソコンとなると…。少しは自分で本でも買って、自分自身で学んでいかなければと思います。
近況ですが、キャノンのBJ M70PWというモバイルプリンタ買いました。なかなかいいかも、と思って、BJ M40のUSBがジャンクな商品を落札して、修理して使っています。廃インクが80%くらいで、交換しました。まだ、エラーメッセージ出ていないのにリセットしてみたけど、本当にリセットが出来ているのか、と不安もありますが、それでもなかなか良いです。ちょっとした出先での印刷程度なら十分ですね。S30と一緒に持ち出しです。
連休明け9~11日まで東京出張です。また、アキバで修理用のパーツそろえなきゃと、品定めの今日この頃です。長々とすみません。

投稿: boozuu | 2007年4月25日 (水) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133996/14819362

この記事へのトラックバック一覧です: 無線LANの設定に行く:

« あれっ?死んだハズの20GBが…。 | トップページ | いただいたコメントへのReply »