« 2007年4月15日 - 2007年4月21日 | トップページ | 2007年4月29日 - 2007年5月5日 »

2007年4月22日 - 2007年4月28日

ソフタッチャーを買う

昨日も書きましたが、週末に大阪に行きます。
仲間内で複数の車に乗じて、9時間近く陸路を移動します。
腰痛が心配なので、クッションを買って車内に持ち込む事にしました。

前職時代から、会社にオーバスフォームを持ち込んでいて、仕事中にはなんら不安を感じた事のない私ですが、オーバスフォームは大柄なので、旅先にまで持っていくとなると、荷物になってタマリマセン。
…なので、小型のクッションを買おうと思ったのです。

あんまりお金をかけたくないので、楽天で探していたところ、ソフタッチャーなるものを発見。安かったので、1つ購入してみました。
ソフタッチャー(黒)は、楽天のセレクション越後屋で1575円(税込、送料別)でした。

さてさて、今夜早速ベンチマークとなる訳ですが…。
ソフタッチャーは期待に応えてくれるのでしょうか?Softoucher

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪に行く準備をするのだっ!

土曜の夜から、車で大阪に向かいます。戻りは月曜夜遅くの予定。
総勢19名の大所帯で移動します。
免許のない私は、皆の顰蹙を買いながら、後部座席で爆睡の予定ですが。(^^ゞ

泊まる予定のカプセルホテルは、立地のわりに安いというだけで決めたのですが、どうやら、カプセル内に自由に使えるコンセントが無い様子。
(↑この件はナイショ。果たして、ケータイのバッテリ切れで何人が苦しむか)

…なので、ThinkPadを持ち込むのは諦め、[es]とW-ZERO3の2台持ちで臨みます。
[es]用の予備バッテリやパワーバンクスリム、乾電池でUSBに給電できるBOXなど、電池切れを想定したオプション類も持っていくことにします。

しかし、面倒なのはW-ZERO3のソフトウェア設定…。
[es]は今のままでも大丈夫ですが、W-ZERO3のほうは、この前Ziga Digital Picture Frameのチェックの時に、誤ってバックアップの入ったminiSDを初期化してしまったので、ほぼ素の状態。
キーボードが打ちやすいので、現地入り後のWEB閲覧等はW-ZERO3で行いたいのですが、今の[es]と同程度の環境を作るのには時間がかかります。
いくつか、[es]専用のアプリもあったハズだし…。

…だもんで、今、昔を思い出しながら、W-ZERO3と格闘中です。(^O^)
最初、完全放電していたせいで、W-ZERO3にACを繋いでも電源が入らずに焦りました。
すでにW-SIMに電話帳は書き込んであるので、W-ZERO3で読込むだけで通話とメールはOKになりました。

あとは、Windows LiveとNAVITIMEとNetFrontとCorePlayerと…etcetc。
面倒だから、ATOKは入れなくていいや。(-_-;)
W-ZERO3で赤耳を使うのは初めてになりますが、[es]でも時々不具合が出るので、ちょっと心配です。
まあ、気付いたらリセットすればいいんですが、アンテナマークが立っているのに着信もメール受信もできなくなっているのは、他人に指摘されるまで気付きません。
11月になったら、今度は青耳に機種変するべきか…。

…とか思ってたら、ちょうどいいタイミングで赤耳のアップデータが出るし。(^O^)

『Ver.1.02 → Ver1.03』
・W-ZERO3シリーズで利用時の動作安定性の向上を行いました。


早速実行して、無事アップデート完了!安定動作に期待が掛かります。

…あ、そうそう。
旅先で紛失する事も考えて、W-ZERO3用スタイラスを1本買っておきました。
経験上、[es]よりもW-ZERO3のほうがスタイラスをなくしやすいんですよね、私。(^^ゞ03sh_pen Oosaka

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いただいたコメントへのReply

boozuuさん、コメントありがとうございます。ご無沙汰しています。m(__)m

ISDNの無線化ですか…。
もし自分がそれを手掛ける事になったらと考えると、ちょっと難儀ですね。
ルータタイプなら、R45Jを無線にするアダプタを付ければ簡単かもしれませんが、シリアル接続のTAだったりすると、お手上げですかね。(-_-;)

ISDN…すでに懐かしい響きです。(^O^)
NECのIC20なんてPCカード型や、デカMUCHO等で2B通信していた頃から考えると、今の通信環境なんて、夢のようですね~。やってる事は昔と大して変わりませんが。(^^ゞ
PCも通信環境も、その時流行っているものが一番割安になる訳で、使う側が思い切って切り替えるタイミングが重要になるのでしょうね。

『機械さえあれば何でも出来る…』言い得て妙ですね。
何人かに、こんこんと説いてやりたい。(-_-;)

さて、こちらは、週末に大阪に行く予定です。
集団行動なので日本橋に行く事もできないと思いますが、泊まりなのでThinkPadを持っていくか迷っています。安いカプセルホテルなので、PCの持ち込みが不安…。
でも、W-ZERO3[es]1台だけというのも、もっと不安で。(^^ゞ
大きさ的に、s30を持っていくのが一番なんですが、ウチのはバッテリが殆ど保たないし、それはX24も同様。となるとT40になるんですが…。
どうやら宿泊先のカプセル内にコンセントが無いようなので、旅先での充電を考えると、ThinkPadは持ち込まず、W-ZERO3[es]とW-ZERO3+予備バッテリだけにしたほうが良さそうなんです。

アキバ…。指名買い目的じゃなく、ぷらぷらと散策してみたいですね、久しぶりに。
だいぶ私の記憶の中にあるものと、町並みが変わってしまっていますが。
今、中古屋やジャンク屋で元気なところって、何処なんだろう??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無線LANの設定に行く

ひかりoneマンションコース タイプVな知り合いが、「無線LANアダプタカードを買ったから、設定してほしい」と連絡してきました。
「マニュアル読んでも分からなかったから…」とは言っていましたが、ハナから私を頼っているのは明白です。

まあ、普段触る事のないVistaマシンを弄る数少ないチャンスなので、断ることなく設定しに行きました。
私、Vistaマシンの無線LAN設定をするのは、当然初めてです。

NECのルータ(ホームゲートウェイ)に差せる無線LANカードを買ってきたので、ルータ側はそれを差すだけで無線がONになりました。
VAIO Type Fのほうは内部に無線LANのアダプタを内蔵しているので、本体の無線スイッチをONにして電源を入れたのですが、なかなかVistaが起動してこない。(-_-;)
察するに、ハイバネからの復活コケをしているようでした。
Vistaでは本当に電源OFFする機会を減らして、その分起動を速く見せる仕掛けがついているのですが、それが悪さをしているようです。

起動時にF8キーを押すとブートメニューが出るのは昔から変わっていないので、そこで「前回通常起動時の設定」を選ぶ事で無事起動させることができたのですが、Core2Duoなマシンのわりに、ウチのZ60t(Cerelon 1.4GHz,XP Pro)より、体感的には遅く感じます。

さて、起動したVistaで無線LANアクセスポイントの設定をしたのですが、マンション内で同サービスで無線LAN化している家がたくさんあるのでしょう。末尾番号の違うルータが、3つも4つも見つかりました。
その中で自分の家のルータをクリックし、WEPキーを入力すれば、無事に無線で繋がります。
肝心のWEPキーは、ルータ(ホームゲートウェイ)のラベルに書いてありました。

WEPキーがルータに書いてあるというのは、最近では当たり前の仕様なのでしょうか?
初心者にWEPキーを決めさせない→面倒な設定を省いて、無事に暗号通信させる
という事では良いと思うのですが、これでは一般人にとってルータが完全にブラックボックス化されていることになります。
結局、開通から無線LAN化まで、一度たりともルータの設定画面を開く事もなかった訳で…。

無線LANに限った事ではないのですが、PCの家電化が進むと、かえってユーザーのITリテラシが低下するようで、将来に不安を感じてしまいます。
今回のVAIO Type Fユーザーも、何かあったらメーカーサポートに駆け込みそうですし。

あ、その前にウチに持ち込まれるのか。(-_-;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あれっ?死んだハズの20GBが…。

以前、VAIO QR3の修復の際、USB外付ケースに入れて持っていっても使えなかった、2.5インチ20GBのHDDがあります。
日立のDK-23BK20で、2001年製造のものです。年代的にそろそろ壊れてもおかしくない。

今回ThinkPad X24が予備機扱いになったので、このHDDのチェックをしようと、ウルトラベイ2000セカンドHDDアダプタにつけて起動したところ…なんと、普通に認識して使えてしまいました。
でも、NASから数GBのデータをコピーしようとすると、途中でエラーになり、NASがハングアップしてしまいます。
やはり何処か調子が悪そうなので、Drive Fitness Testをかけてみましたが、問題なし。
もしかすると、NAS上のデータがおかしいのかもしれません。

…ということで、X24から外したものも含め、2.5インチ20GBのHDDが2台余ってしまいました。常用するのはちょっと怖いですが。
2.5インチHDD用のケースは安いので、1つ買うかもしれません。
見た目がHDDなコレなんかがいいと思うのですが…。

HDDのないジャンクThinkPadを買う…と、いうのは、今年度はやめにしておこう。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メディアディスペンサー メディアでポン!の使い心地

いやね、ウチはそんなにRを焼く機会もないんだけども、
そのくせ、ThinkPad A31なんて簡易デュプリケータも持っている訳だけれども、
安かったし、ポイントもあったから、『メディアでポン!』を買ってしまった訳です。

Rのメディアは50枚スピンドルでしか買わないので、この手のディスペンサーがあると便利だろうと思ったんですが、構造的に常に(下向きとはいえ)Rの記録面がむき出しで放置されるというのは、よろしくなさそうです。
頻繁にRを使うところでなら、そんなに気にならないかもしれませんが…。
一番下にダミーの樹脂板を入れてみたのですが、そうすると、毎回保存の為に手で差し込まなければならず、ディスペンサーを使う意味がありません。

…それで、ふと考えたのです。メディアを逆に入れてみようと。
すなわち、記録面を上にしてRを収納するのです。
これで、取り出し時にメディアが床に落ちたりしても、記録面が汚れる事はありません。
一応、一番上にダミーの樹脂板を入れておけば、ケースの上面で擦れたりする事も気にならなくなります。

メディアをストックする際に、一度逆さにする必要はありますが、これも余っているスピンドルケースを合わせてやれば、手で記録面を汚すこともありません。

…ということで、我が家では記録面を上にして収納することに決めました。Cdvender

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッテリー対応マルチメモリーカードケースの使い心地

W-ZERO3[es]を通話だけに使っているぶんには全く問題無いのですが、いざ動画を見始めると、意外とすぐにバッテリが減っていってしまいます。
メモリカードの値崩れで、miniSD3枚に5GB分のaviファイルを入れて持ち歩くことはできるのですが、そうなると予備バッテリも携帯しないと用をたせません。
メモリカード数枚と、予備バッテリがスッキリ収まるケースがあれば便利です。

今回買ったサンワサプライのFC-MMC3BKは、そんな要求に応えてくれそうです。
ケース内の樹脂のヒダが中のものを包むので、フタを開けたまま逆さにしても、中身が落ちる事はありません。
価格が1000円と、ちょっと高いような気がしますが…。
W-ZERO3[es]ユーザーで、予備バッテリと数枚のminiSDをお持ちの方にはオススメです。

本来は、デジカメ用バッテリとメモリカードを携帯する事を考えているようで、W-ZERO3[es]用のバッテリを収納するのには仕切板を取り払う必要があるのですが、仕切板の代わりにバッテリを仕込むと、その両側にminiSDを挟み込んでも脱落しないので、都合バッテリ1つとminiSD4枚を同時に持ち歩く事が出来ます。

小型のヘッドホンジャック変換コネクタなら、バッテリの奥に押し込めそうですね。Bat_case_1

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2007年4月15日 - 2007年4月21日 | トップページ | 2007年4月29日 - 2007年5月5日 »