« 2006年12月31日 - 2007年1月6日 | トップページ | 2007年1月14日 - 2007年1月20日 »

2007年1月7日 - 2007年1月13日

ThinkPad R50eを買う

私は、PCの性能不足を放置する事ができない。
私は、平均30%値下げという言葉に弱い。
シリーズを揃えるだけでなく、型番を埋める事も求めてしまう。

…ということで。
年末年始ThinkPad購入第二弾!
ThinkPad R50eを買ってしまいました。(^^ゞ
…本体で買ったのは、ここまでよ。Z60tは、安い中古を買いそうになったけど、借金したくないので、思いとどまりました。(^_^;)
Be-Stockの抽選には外れたし。
それはともかく。(^^ゞ

今サーバ的に使っているR30には、比較的高価なPC133 512MB SO-DIMMが差さっていて、メモリ容量は足りているハズですが、チップセットやUMAなVGAが遅いせいか、使っていてストレスが溜まります。
そんな時、安心電脳倶楽部の年末割引セールでR50eを見つけてしまったのです。(^^ゞ
我が家にはZ以外のThinkPadは揃っていて、20~40番台に渡って持っているというのに、50番台は新しいし種類も少ないから、まだ持っていなかったんですね。
将来Zを買えば60番台は埋まるから、これは50番台を手に入れるチャンスだぞ、と。
…サガだなぁ、コレクターの悲しいサガですよ。(^_^;)

ThinkPad R50e(1834-72J) 2004年04月発売モデル
PentiumM 1.5GHz/256MB/40G/DVD&CD-RW/TFT15インチ/WinXP Pro DtoD
右ヒンジ緩い。本体カバーに1センチ四方のへこみ有り。
付属品は、取説とACアダプターのみ。
安心電脳倶楽部で、43050円(税込、送料込)でした。
まだ3年前に発売したばかりの、我が家で最も新しいThinkPadです。(^O^)
パームレストにトラックパッドがないのも、私にとっては好都合。

さて。実際に届いたのを見てみると、ヒンジの緩さはそう感じる事もなく、トップカバーのへこみも、ちょっと気にはなりますが、液晶を開いている時には見えないので、問題無しです。
オークションでトップカバーを買ってもいいのですが、隠しネジのシールを付け剥がしすることも考えると、決して見栄えよく替えられるとは限らないので、今はそのままにしておきます。

嬉しかったのは、ユーティリティで見る限り、そこそこ状態の良いバッテリがついてきた事。T40と使い回せるので、これとT40についてきたものを交換しました。
また、トラックポイントのキャップにはソフトリムが着いてきましたが、これも我が家に潤沢にあるクラシックタイプに置き換えます。

型番からして、きっと無線LANのアンテナは入っていないでしょうが、R50eは有線で使う事が確定しているので、問題無し。ただ、側面にLANポートがあるレイアウトは、有線固定で使う事を考えると、ちょっと不便かもしれません。USB端子との距離も近いし。

今回の中古は、WinXP Pro DtoDの領域もちゃんと残っていて、総じて満足のいく買い物となりました。
R50eのパーテーション状況を見る限り、やはり前回同店で買ったT40にリカバリ領域がないことがハッキリしましたが、これはまあ、そういう固体を引いたということで…。

…ということで。もしかしたら、体感速度的に我が家で最速かもしれないコイツを、贅沢にもサーバ的に使うのです。
だって、消費電力を考えると、Pentium4マシンを電源入れっぱなしにする気にならないんですもの。(^_^;)

さてと…。R30も売却先を探すとしようか。
でも、512MB SO-DIMMはもったいなくって売れないなぁ。
そうだ、A30に着いている、128MB*2と交換して売りに出そう。(^O^)

R30って基本性能が低いから、知り合いで欲しい人がいるかどうか、微妙です。R50e R50e_logo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USB充電式携帯LEDライトなどを買う

マグライトは持っているのですが、いざ使おうとした時に電池切れだったりするので、USBで充電できるミニライトが欲しいと思っていました。例えば、サンワサプライのUSB-TOY23などがそれに当たります。

以前、旧型が500円程度で放出された事もあったのですが、現行品はそこまで安くありません。でも、サンワダイレクトで毎日1ポイントゲットしているので、ポイント値引きで安く買えそうでした。
サンワダイレクトは2000円以上の注文で送料無料になるので、ちょっとした小物も一緒に注文します。
今回は、以下3品を注文。強引に2000円程度にしていますな。(^^ゞ

●USB充電式携帯LEDライト USB-TOY23 1580円
●マグネットピッキングツール TK-MAG 400円
●ケーブルタイ(120mm) CA-608 170円

持っていたポイントを全部使って、1750円(税込、送料込)でした。
AmazonでUSB-TOY23単品を買うのと同じ金額ですね。(^O^)Usb_light

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今後、アップルの作るものを全て家電とみなす

アップルコンピュータが、アップルになりましたね。
ジョブズ自身がいうように、もはやPC屋さんではないという事でしょう。
会社の寿命30年説に従った訳ではないでしょうが、奇しくも31年目にして、業態変更を鮮明にしたということですね。
これでアップルは、あと30年は大丈夫なのかな?

私は、PCといえばBasic、DOSもしくはWindowsを使ってきていて、どうしてもmacには馴染めなかったのですが、これからはアップルの出す商品を家電と同等に見なすので、今までよりmacアレルギーを感じる事なく、同社の製品に触れる事ができるようになるかもしれません。

バソコンだ…と思ってmacに触れるから違和感を感じる訳で、家電なんだと思えば、「こういうモノなんだ」と受け入れる事ができるかもしれません。
ラーメンズのCMじゃないですが、もはや同列に並べて語るモノではないのかもしれません。
HDDレコーダやHD-DVDプレーヤの中にPentium 4が入っているからといって、それをPCだと見なさないように、macやApple TVは、Intelチップを使っていてもパソコンとは(私は)みなさない事にします。

スマートフォンでも同じ事ができるからと言って、それをパソコンと呼ばないように、macは(私的には)パソコンではない、と。macはmacだと。

私は今後、アップルの作るものを全て家電とみなそうと思います。
家電という言い方が悪ければ、アプライアンス。つまりは専用機。

以下、私の色眼鏡を通して見たApple製品の区分けです。

i macは、人をAppleの世界観に導く為の、家庭用ゲートウェイ兼サーバ。
i Podは、Apple製のウォークマン。モバイルコンテンツプレーヤ。
Power macは、デザインとCGとパブリッシングの専用機。
mac Bookは、クリエイター志向の人の為の開発キット。またはステータスシンボル。
Air macは、Apple製品版のルームリンク。
Apple TVは、その延長上にロケーションフリーアダプタが垣間見えるSTB
i Phoneは、Appleの世界観の中でのスマートフォン。

つまり、SONYのような会社がもう1つ完成したと思えばいいんですね。(^O^)
SONYより商売上手そうですが。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MS-6833B MSI製 802.11b/g Mini-PCIカードを買う

ThinkPad X24とT40で2915ABGを使っていますが、自動選択にしていると、どちらも802.11gでしか接続していない様子…。

これでは折角の5GHz帯がモッタイナイと思って、X24をaのみに設定してみると、どうやらgに比べて電波のツカミが悪いようです。
aだけで使っていた時は感度の比較もしようがないので、今まで気がつきませんでした。

もしかして、ThinkPad X24って内蔵アンテナが2.4GHz帯向けしか入っていないのだろうか?
まあ、古い機種だから、そうかもしれない…。
じゃあ、無線アダプタ自体2.4GHz帯だけにしたほうがいいのかも。
…と思って、802.11b/gなMini-PCIカードを買う事にしました。
eMARKでmicroSDを買う際、送料無料にする目的のが大きかったんだけど。(^^ゞ

MS-6833Bって、なんとなく2915ABGより大柄なカードのような気がしますが…。
元々、キューブPC向けのオプションのようだし。
サイズ的にX24で使えなかったら、ゴミになるかな?(^^ゞ
…ま、いっか。

MS-6833B MSI製 802.11b/g Mini-PCIカードは、eMARK楽天市場店で1980円(税込、送料別)でした。
Msi_g54

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kingston microSD 1GBを買う

年末に楽天の期間限定ポイントが、もう少しで消えるところでした。(僅かな額ですが)
それがモッタイナイので、何か買おうと探していて…。
結局、人生初のmicroSDを買うことにしました。アダプタ使えば、MiniにもSDにもなるし。アダプタならもう持っているし。

Kingston microSD 1GB(海外パッケージ版)、eMARK楽天市場店で3150円(税込、送料別)でした。
わかってはいたものの、microSDって小さくてなくしそう…。
MiniSDに変換して、初代W-ZERO3で使おうかなと思います。Micro1gb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これをバッテリ不良と呼んでいいのか?

A31ネタは今日で終わりです。(^^ゞ

「このA31、バッテリ不良なのに、なぜ充電されたバッテリが…」
…と、いぶかって、初めてACアダプタを接続してみると。

「あれっ? 一瞬TFTの輝度が上がっただけだぞ!」

ACを着脱した時のピポ、ピポッという音はしたものの、Win2Kのインジケータはバッテリ表示のまま。TFTの輝度も、一瞬上がって、すぐまた元に戻りました。
ACが一度刺さって、すぐまた抜けたような挙動です。
これは何かオカシイ…。

この後、約一時間。いろいろとやってみた事を書くと、何行あっても書き切れないので、結論だけ書きます。ようは…。

本機にバッテリを付けてると、電源を繋いでもACアダプタ駆動にならない!

…という事が判明しました。(-_-メ)
いや、厳密に言うと、AC接続時にバッテリ消費しているようには見えないので、ACからの給電で動いているようなのですが、システムが、ACアダプタが接続されている事を認識できないようです。
試しにバッテリを着けずに、ACアダプタだけを付けて電源を入れると、"0190 Critical low-battery error"と出て、すぐに電源が落ちるのです。
また、Windows起動中にバッテリを外すと、インジケータはACに変わります。
ACアダプタを替えたり、バッテリを替えたりしても、挙動は変わりません。
これって、本体側のコンデンサか何かがオカシイのでしょうか?
いずれ完全に不動になりそうな予感が…。

今の所、BIOSでバッテリ駆動時にもパフォーマンス優先にする事で1.6GHzで動いていますが、それまでは実際のところ1.2GHzで動いていました。(HDBENCH他で確認)
Pen4 1.2GHzだと、Pen3 933MHzのA30とあまり速度差が無いような気が…。

TFTの輝度も、設定ユーティリティで変更しています。
この機体は、標準状態では、バッテリ駆動モードでしか動かないという事です。
設定さえしてしまえば、BIOSアップデートができない(作業時にACが必須だが、システムがACを認識できないので弾かれる)事以外に不便はないのですが、とても普通の人に渡せるマシンではありません。

まだ数日しか使っていないのですが、将来バッテリが自然放電してしまうと、ACアダプタが繋がっていても電源が入らない状態に陥ってしまいます。
…なので、ThinkPad A30は、このA31を使っている限りは売却しないでおいたほうが無難ですね。充電器がわりになるから。(^_^;)
ヽ(^。^)ノあ~、こりゃこりゃ。ヽ(^o^)丿

…長々と書きましたが、私、何が言いたいのかと申しますと。(^^ゞ
これを『バッテリ不良』と書いて売るのはいかがなものかと思うのです。

店でWin2Kをテストインストールした時点で、誰でも気付くだろう、と。
同店ふうの書き方をすれば、『電源回りが不良っぽいです』って感じですかね。
バッテリのほうが死んでいると思って買った側が、苦労しちゃいましたよ、と。(^_^;)

まあね~、こうして3日もブログのネタになってくれたし、値段の割には性能は高いので、ヨシとします。(^○^)
128MBメモリが2枚の256MBだったけど、GyaOやサーバの動画再生機としては充分だし、A30のほうは、簡易デュプリケータとしても使える焼きマシンとして、手元に残しておこうと決めました。
ヽ(^。^)ノは~、すっとこどっこい。ヽ(^o^)丿

私、今後B級品を買う時は、始めから心してかかることにします。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

B級品には、安いなりの理由があって…。

まず始めに私は、今回買ったA31に関して、ショップにクレームをつけるつもりもなければ、交換・返金の手続きを取る気もない事を明確にしておきます。
B級品・無保証と書かれたモノですから、そんな事を要求するのはスジ違い。
ただ、購入時の注意書きとは違う状態であったため、『実機はこういう状態だった』という事だけでもブログに書き記しておきたいと思うのです。

さてさて、前口上はこれくらいにして…。
今回買ったThinkPad A31は、ホームページの記載ではB級品で、バッテリ不良とだけ書かれていました。コメント欄に、【充電できません】というような記載・特記事項もありません。
ただ、価格が安いのと、ずっと売れずにいた機体の為、何かあるだろうと想像してはいました。

…で、届いた実機の外観を見ていくと、一見して未清掃な機体であると判明。
キーボードの内側に、とんでもないゴミカス。ウルトラベイの中も埃まみれ。
ちょっと触って不具合が見つかったから、そのまま放置されていたのではと思います。
そんなのは自分で清掃すればいいのですが、悲しかったのが以下2点。

●液晶フレーム(右)に割れがあった。
 隠しネジの回りにヒビが入って割れ、フレーム素材のテンションによって固定されている(ように見える)だけだった。
 店舗の梱包からして、輸送中にできたものとは思えず。元からのものであれば、『フレームにヒビあり』と書いておいてほしかった。

●HOMEキー不良
 キートップがグラつくと思ったら、すぐにキーが取れてしまい、調べると、キーボード側の止め具がダメになっていた。
 これについては、以前のA30の文字かすれキーボードを出してきて取り付け、かすれたキートップをA31のものから移植して回避しました。

実機が届いて、液晶を開いただけで、この二点がすぐに判明。
後にキーボードを交換する際に内部を見てみましたが、埃がすごいのなんの。
「これキレイにして売るだけで、価値上がるのになぁ」なんて思ったりして。

さて、外観のチェックはここまでにして、早速通電チェックをしようと、まずバッテリ装着のまま、ACを差さずに電源を入れると…。

…あれっ?普通に起動する…。

テストインストール済み(固有ドライバ未導入)のWin2Kが普通に操作できます。

「これのどこがバッテリ不良?」

と、実は大当たりを引いたのではないかと喜んでいたのですが…。

長くなったので、さらにまた明日に続く。(^^ゞ
いやぁ、ブログネタとしてはいい買い物だったぞ、A31。(^O^)A31_gomi A31_hibi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

B級品のThinkPad A31を買った、が…。

私は、なかなか足るを知る事ができない。
私は、値下げという言葉に弱い。
すでにあるもので事足りるというのに、つい買ってしまう。

…ということで。
年末特価で出た、B級品のThinkPad A31を買ってしまいました。(^^ゞ
Aシリーズは、933MHzなA30で終えておこうと思っていたのに…。
安いのを見た時に、Under 1GHzマシンを減らそうなどと考えてしまったのですよ。
光ファイバにしたら、ストリーミング等を見る機会が増えて、PCの体力も要求されるようになったし。(-_-;)
後継のないs30は別としても、他のThinkPadはOver 1GHz CPUにしたいなぁ、と。
…サガだなぁ、コレクターの悲しいサガですよ。(^_^;)

ThinkPad A31(2652-K4J)  2002年10月発売モデル
Pentium4 1.6GHz/256MB/20GB/FDD/CD-ROM/TFT15インチ
キズ、汚れ有り。バッテリ不良。付属品はACアダプターのみ。
中古&アウトレットPC-WRAP(本店)で、25600円(税込、送料込)でした。

A30→A31は、見た目には型番ロゴの変更だけに見えるので、家人に買い替えを気付かせない点が優れています。(^^ゞ

さあ、これでA30は引退させて、売り先を探すだけだと思っていたのです。
しかし、いざ届いたA31を見てみると…。(-_-;)

ちょっと冷静に検証してみたいので、明日に続く。。。A30_a31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月31日 - 2007年1月6日 | トップページ | 2007年1月14日 - 2007年1月20日 »