« 2007年1月28日 - 2007年2月3日 | トップページ | 2007年2月11日 - 2007年2月17日 »

2007年2月4日 - 2007年2月10日

みんな疲れているのでせうか

ヤアヤア『女は産む機械』とか、『過労死は自己責任』とか、言葉だけを見ると、トンデモないようなモノが世間を騒がせてをりますナ。

ここのコラムに『建て前さえ作れないこの国の混迷』という言葉がでておりますが、さうさう、もう皆、建て前をスラスラ言える元気もないということなのでせう。

建て前で保っていたこの国も、本音を隠し通すことができなくなつたのでありますなぁ。
余裕がないのでございまする。皆かなり病んでいるやうに思いまする。

国家とは云え、所詮はイレモノではありませぬか。
家族とは云え、基本は他人様の集まりではないですか。
未来とは云え、結局は今の延長ではありますまいか。

自分のことすらママならぬのですから、余人は意のママならぬもの、世間は意のママならぬものと受け入れて、活かしていくようにするしかないのでせう。
他人様を責めても仕方ありませぬ。
キツい言葉を投げ掛けても、誰ぞ同情してくれませうか。
かえりて我が身を射るのでござゐます。
還著於本人と申すものでござゐます。

疲れているなら、休めばいいのでわないでせうか。
病をかかえたママ走るのは、回りにとっても迷惑になりまする。
成住壊空はママならぬことでございますから、バタバタせずに付き合う覚悟がいるのでせう。
壊劫に居るとみえても、成も住も空も、実はちやんと有るのであります。

あわてないあわてない、ひとやすみひとやすみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

驚速デフラグ ダウンロード版をもらう

Turbolinux FUJI EXやAcronis System Utility Box 2を買ったりしてたので、ソースネクストのダウンロード版の製品が一本もらえるだけのポイントが溜まりました。
プレゼントに応募して外れるともったいないから、今回もソースネクスト製品と交換することにしました。
選んだのは、驚速デフラグです。

個人的には、この手のユーティリティには否定的なんです。
どんなユーティリティを使うより、OSのインストールからやり直したほうが快適になるし、OS標準以外のツールを使うと、何処かに影響が出ることもあって…。
でも、毎日使うPCこそ再インストールする時間もないから、不調なまま、だらだら使い続けてしまうんですよね。

今回、驚速デフラグをThinkPad X24(一年間環境を変えていない)で使ってみたんですが、特に他に影響が出る事もなく、最適化が終了しました。
目に見えて快適になったかというと、そうも感じないのですが…。

まあ、少しでも環境が整備されたということで、気分はいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また自分の不甲斐なさに気付く。(^^ゞ

昔、まだ二十代の後半だった頃、知り合いの子供に「なんで結婚しないの?」と聞かれ、「それは、僕がワガママだからだよ」と答えた事があります。

今聞かれてもそう答えると思いますが、もう一つ理由がある事に気付きました。
貧乏が怖いのです。貧乏になりたくないのです。

私は、けっこう孤独には慣れていると思っていますが、貧乏には慣れていないと思うのです。
子供の頃に、片親で育ったり施設に預けられたりしていたので、独りでいた経験は豊富だけれど、衣食住に困った事はないし、高校時代にバイトしてパソコンを買ったくらいだから、欲しいものは働いて手に入れればいいという事は、わりとスンナリ受け入れてきたと思います。

…でも、その代わりに、これまで貧乏したという実感がないのです。
未知なものだから、貧乏がものすごく怖いのです。
こんな大人になるのなら、子供時代に貧乏を経験しておきたかった。
貧乏だけど、心の通いあう家族とともに、大人になれればよかった。
そうすれば、きっと孤独を恐れ、自分から新しい家族を持とうとしたかもしれません。

私は金持ちではありません。
親族にも金持ちはいません。
不測の事態になっても、周囲に経済的支援を求める事はできません。
でも、決して貧乏ではありません。
私は、経済的に恵まれています。

確かに、今でも、他人様と比べるとロクなモノは食べていません。
服装にも気を遣っていません。
持ち家に住んでローンを抱えていますが、築年数は35年ほどの古い家です。
しかし、これらは貧乏ではなく、他でゼイタクをする為の選択の結果です。

私は、孤独より貧乏のほうが怖いです。
たぶん、今まで身につまされるような貧乏を経験していないせいです。
仕事でイヤな事があると、「自分一人だったら辞めてるのに」と、何度となく思います。
もっと身軽になりたいと、40歳間近な今になっても切に思うことがあります。
母親を養っていないか、家のローンを抱えていなければ、間違いなく転職に踏み切っているでしょう。
…でも、今の状態で仕事を辞めると本当に貧乏になるから、決断できません。
今の状態で結婚すると、ますます嫌な仕事でも受け入れなくてはならなくなるでしょう。
それも、今より確実に貧乏になった上で…。
だから、自分から決断できるまで、誰に勧められても、結婚というものを選択できません。

いま私は、子孫を残す事より、自分が不足なく生きていく事を選んでいるんです。
「今を生きる為に独身を選択した人間」にとって、少子化は当然の結果です。
少子化に納得していると言ってもいい。だから自分から少子化を解決しないのです。

もし私が、「貧乏より孤独が怖い」と心から思えれば、きっと他人に急かされなくても自分から進んで結婚するでしょうし、子供も持とうとするでしょう。
うすうす孤独の怖さに気付いているものの、今は、わずかな人付き合いも煩わしく思う時があるし、コミュニケーション分野の技術革新が、私の本質的な孤独を覆い隠し、その怖さを薄めていると思います。
だから、今が孤独だとしても、その孤独はたいして怖くない。

かつてニッポンが貧乏だったころ、子供はたくさんいたそうです。
今、ニッポンは物質的に豊かですが、子供はいません。
貧乏より孤独が怖いとなれば、些細な事が契機になって結婚するカップルが増え、些細な事で離婚するカップルは減り、親に心から求められて生まれてくる子供が増えるかもしれません。

もしかしたら、究極の少子化対策は、ニッポン中の独身者を貧乏にする事なのではないか?と思います。
もしかしたら、政府はすでにそう思っていて、昨今の政策を進めているようにも感じます。
グローバル化と競走の激化で、独身族を今より疲れさせ、銀行残高を減らさせ、毎年の負担増で、徐々に貧乏に慣れさせていく…。
その上で、「どうせ貧乏なんだから、喜びも悲しみもパートナーと分かち合ったほうが楽だよ!」「自分が果たせない立身出世を、子孫に託そうよ!そのほうが貴方が楽だよ!」と、そっと囁いてあげれば、結婚や出産に踏み切る人が増えそうな気がします。

『今だって、どうせ貧乏なのだから』がキーワードです。
『結婚したら、子供ができたら、今より貧乏になっちゃうよ』ではダメなのです。

独身者を貧乏に慣れさせ、貧乏よりも独身でいる事のほうがより怖いという思想が定着し た時、この国の少子化の流れが止まるような気がします。
逆に言えば、そうなるまで、どんな手を打っても少子化は止まらないような気がします。

私は、ワガママで、貧乏が怖いから、結婚という選択に踏み切れないのです。
相手がいないのが理由ではなく、年収が低いからでもなく、老親がいるからでもなく…。
結婚のために、自分のワガママを抑え、貧乏を受け入れる事ができないからです。

嗚呼、また自分の不甲斐なさに気付いてしまった。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むぅ、ACアダプタの特性が違う!

T40を一度も持ち出さないうちから、Z60tを手に入れてしまいました。(^^ゞ
いや、途中PC必須の出張があれば、きっとそれに合わせてT40をセットアップしていたと思うのですが、運良くというか運悪くというか、最近出張がなかったもので…。
加えて、セットアップする気力もなかったもので…。(^_^;)

さて、実際にZ60tを買って初めて、ACアダプタに互換性がないのに気付いた私。
G40のように基本的に据置き(今は更に貸出中)な機種ならともかく、モバイル用途のPCでACアダプタが1つしかないのは、私にとって不便な事です。

90W ACアダプタは、Lenovoの通販等で6000円程度で買えるのですが、過去モデルの72W ACアダプタのように2000円程度で中古やオークションに出ているものでもなく、現状のZ60tの使用頻度からすると、買い足すのは少しもったいなく感じてしまいます。

なんだか、追加のACアダプタを買う前に、CPUを換装してしまいそうな気もしますが…。
せっかく安くシリーズを揃えたのだから、しばらく買い物は控えろと、私の中の理性が訴えているような気もする…。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ThinkPad Z60tを買う

  いや~、ついにこの日がやって参りました。

ついに、ThinkPad現行シリーズ、コンプリートです!
ThinkPad X24の中古を手に入れてから約一年で揃えてしまうとは自分でも予想外でしたが、自分で「買っても損は無い!」と思える価格の中古が出ていたので、意を決して買うことにしました。
Vista登場に絡んで、中古店が在庫処分を考えたのではないかと思いますが、おかげで安く手に入れる事ができました。
今回買ったのは…。

●ThinkPad Z60t(2512-4DJ)、2005年10月発売モデル。
Celeron M 360(1.4GHz)、メモリ1GB、60GB SATA、DVD/CD-RW、802.11a/b/g無線LAN、指紋認証、XP Pro(DtoD)、大容量バッテリ付属…という状態のモノです。
じゃんぱらD-Styleで79800円(税込)でした。
送料がモッタイナイので、実店舗まで取りに行ってしまいました。(^^ゞ

保証書は2006年12月に切れていましたが、付属品はマニュアルや外箱、予備のトラックポイントキャップ、ウルトラベイの固定ネジに至るまで完備でした。メモリも増設済みだし、大容量バッテリもあるし、無線LANも搭載という事で、私にとって申し分なく、お得な気分に浸れました。
Z60mの価格でZ60tが買えたようなもんですから。(^O^)

安い理由を察するに、CPUグレードが低い事と、DVD-RWではない事などが考えられますが、Lenovoになってから発売されたThinkPadの、しかも軽量モバイルモデルがこの価格で手に入るとは思いませんでした。
それでも、今まで買ったThinkPadの中で一番高いんですけどね。(^_^;)
発売当初、新品で買ったウルトラマンPCは、ThinkPadではないから除外。(^^ゞ

設計が新しいって、いいもんですね。
CPUがクロックではなくグレード表記だし、HDDもSATAですし。
こんなに新しくても、我が家で唯一のCeleron搭載ThinkPadなんですけどね。(^^ゞ

セキュリティチップや指紋認証の設定など、やらなければならない事も多そうなのですが、買っただけで弄る時間がないのが悲しいところ…。
いや、時間がないからこそ、物欲がストレス発散の対象になっているのですが。(^^ゞ

さて…このZ60t、当座は何に使おうか??Z60t_2Z60t_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増設メモリのトラブル

満身創痍で戻ってきたRIOWORKS CP10ですが、その中にはSAMSUNGのPC133 256MBメモリが増設されています。
早速それを取り外し、A30に差して見た所、どうにも不安定に…。
うまく使えれば、そのままA30を貸してあげられたのですが、そうもいかなくなりました。

2つのメモリスロットの片方でしか認識しない時点で不安だったのですが、起動中にブルーバックになったり、「メモリが"written"になることはできませんでした」というエラーが出たりします。読込み不良のようですね。

このSAMSUNGのメモリは、チップのパッケージサイズがすごく小さいのですが、256Mbitチップである事は間違いないと思います。
肝心のCP10が起動できないので、チップセット等の問題かどうかは把握できないのですが、こういうトラブルはメモリの交換以外に対処法がないので、悲しいですね。

以前、CASSIOPEIA FIVAでも同じようなトラブルが起き、256MBの増設メモリが原因だった事がありますが、駆動部分が無いからと言って、メモリも壊れる時には壊れますから、皆さんもご注意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満身創痍のCP10がやってくる

以前に我が家で使われ、後輩に売却されたVIA製CPU搭載サブノートのRIOWORKS CP10が、満身創痍で帰ってきました。

ACアダプタ接続口の基盤側が破損した為、カールコードでACアダプタに直結されて使われていたのですが、カールコードが脱落して、起動できなくなってしまったのです。
私にはハンダ付けの技術がないので復活させられないのですが、後輩も転職準備中の為、新しいPCなどを買っている余裕もなく…。
とりあえず、直してくれる人の手空きを待つ間、我が家に置かれる事になりました。

可哀想なCP10…。
また火の入る日が来るのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月28日 - 2007年2月3日 | トップページ | 2007年2月11日 - 2007年2月17日 »