« UCAM-E1D30MBKと格闘する | トップページ | 250GB SATA HDDを2台買う »

SAINTSONGのEspressoを復活させる

ピボット表示可能なHPのモニタに繋ぐべく、古い掌サイズのPC、SAINTSONGのEspressoを復活させました。
このEspresso、いつぞや物々交換で手に入れたもので、リンクの記事によると2000年4月頃に発売されたモノです。
いや~、この期に及んで現役復帰するとは本人も思っていなかったでしょうが、まさか、すぐに問題なく動き出すとは思わなんだ。(゚o゚)
ボリューム調節のハンダが剥落し、ドッキングステーションの部材が見当たらなくなっていたものの、あっけないほどカンタンに現役復帰してくれました。

こいつにはVIA C3の800MHzが載っていて、昔FSR-07に付いてた32MBのメモリと、転がっていた10GBのHDDを付けてやっただけで、Win95がさくさく動くのでした。(^O^)

Espressoの何が便利かというと、PS2接続のタッチパッドを本体に内蔵している為に、キーボードやマウスを繋がずとも、Windowsの操作ができるということなんです。
ちょっとFANの音がウルサイけどね。(^_^;)
しかし、これで寝室にPCが四台ですわ。

0円でPCが1台増えたのは、ちょっとウレシイんですけどね♪Espresso_pc

|

« UCAM-E1D30MBKと格闘する | トップページ | 250GB SATA HDDを2台買う »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

もう寝室と呼んでいいものかどうか…。(^o^;A

投稿: サク | 2008年2月10日 (日) 15時15分

寝れるマシンルームですわ。(^O^)

投稿: kamiken1968 | 2008年2月10日 (日) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133996/17825480

この記事へのトラックバック一覧です: SAINTSONGのEspressoを復活させる:

« UCAM-E1D30MBKと格闘する | トップページ | 250GB SATA HDDを2台買う »