« 夏の思い出、1.9Kg | トップページ | 今度はSDHCが飛んだ。(-_-;) »

猛暑に負けたACアダプタ

先日の猛暑のさなか。
寝室でデータを読込んでいたDVDドライブが、突然応答しなくなりました。
どうやら、動作中にACアダプタが突然死したようです。
通電時に点くパイロットランプが、消えたままです。
熱が冷めた後も、復活してくれません。

もともとIDEベアドライブをUSBに繋ぐケーブルの付属品だったものですが、書込み中ではなく、読込み中という消費電力の少ないタイミングにも関らず、お亡くなりになりました。
他に代用可能なモノを発掘できたので、金銭的な損害はありませんでしたが。(^_^;)

ドライブの側に傷害が無かったのが幸いでした。12v_ac

|

« 夏の思い出、1.9Kg | トップページ | 今度はSDHCが飛んだ。(-_-;) »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

うんうん、突然お亡くなりになるのよね>ACあだぷた
σ(^^)のぱわーぶくのときもそうだったわ。
でもアダプタのせいなんて全然思わなかったです。
修理窓口に持って行って「あー、これは本体じゃないですねー」と言われて
拍子抜けしましたがな。w

でも代替品があってホントよろしゅうございました。(^o^)/

投稿: サク | 2008年8月26日 (火) 14時48分

うん。最初は何が起きたのかわからなくて、パニクりました。(^^ゞ
ノートPCみたいに高いものの場合は、頭が真っ白になっちゃうよねぇ。
データが消えてたらどうしようとか、気になっちゃうし…。

投稿: kamiken1968 | 2008年8月26日 (火) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133996/42262346

この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑に負けたACアダプタ:

« 夏の思い出、1.9Kg | トップページ | 今度はSDHCが飛んだ。(-_-;) »