« 新世代ThinkPad体験会に行って来た! | トップページ | Wiiと関連品を売却した »

新世代ThinkPad体験会の翌日に思う

昨日のLenovoのお土産を紹介し忘れていたので、それを…と思ったのだけど、ちょっと趣向を変えて。(^^ゞ
もし、自分がレノボジャパンにいたら、どんな提案をするか、少し考えてみました。
…と言っても、私に設計はムリだから、『X200の液晶フレームを○mm薄く!』なんて提案はしない。(^_^;)
出来上がっているものを売るしかない段になって、それをしても意味ないし。
だから、今からでも出来る事で、今のレノボジャパンがしていない事を考えてみました。
(まあ偉そうに。(^_^;))

それは…。
思い切って、『グローバルモデルを、グローバル仕様のままで買うのが一番安い』という仕組みにしてしまう!
…ということです。

X200の評判を調べていると、「英語キーボードモデルが選べない!」とか「米国で買える構成が選べない!」とか「米国で1500$のものが日本だと20万超えだ!」という不満にブチ当たります。
それを、そっくりそのまま、『米国モデルを、日本で、米国直販価格で買えるようにしてしまう』ことで解決してしまったらどうか?と思うのです。
ここでいう米国モデルとは、『英語キーボード、英語OS、英文マニュアル』のままのThinkPadを言います。これをベースモデルとして、米国直販価格で手に入るようにしてしまうのです。
(とはいえ、電波法?的に米国仕様の無線アダプタは使わせられないので、ここは問答無用で国内適用アダプタにしてしまいます)

それを「日本語キーボードにすると+15ドル、日本語OSにすると+30ドル…」という形でカスタマスイズしていけるようにするのです。(金額はあくまで例ですが)
結果的に完全日本仕様にすると高くなってしまうのですが、『それがPCのローカライズコストだ!』と、明確に打ち出してしまうのです。
さらに注文日のレートでドル建てで決裁できると、為替にビンカンになれて、いいかもしれません。(^_^;)

個人輸入より安全確実だし、日本語OSでないと困る人は多くても、日本語キーボードでないと困る人はThinkPadユーザーには少ないと思うので、イイでしょう。(私は困るけどね)
これで、『米国仕様ベースモデルは即納。カスタマイズモデルは要納期確認(または短期出荷料金別途必要)』とすれば、ビジネス的にうまく行くのではないかと思うのですが…。
もし、純然たる日本語仕様がすぐ欲しい人は、リセラーから買うように、パートナーショップへ誘導すれば、既存販売店との軋轢も減ると思うのですが…どうかな??

PCに関しては、パーツはグローバル調達が当然。となれば、グローバル展開モデルが最安なのもまた当然。ローカライズが必要な国でビジネスを安定して続ける為には、こういった仕組みを定着させるのもアリではないか、と勝手な理屈を捏ねくりかえしたのでした。(^^ゞ

…あ、ちなみに、昨日のクジ引きでもらったものですが。
なんかアパレルショップっぽいレノボの紙袋と、ケータイホルダです。
当たりの人には、Lenovo3000サイズの紙のノートが配られていました。
うん。どちらも実用的!Lenovo_fukuro Lenovo_stnd

|

« 新世代ThinkPad体験会に行って来た! | トップページ | Wiiと関連品を売却した »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133996/42134893

この記事へのトラックバック一覧です: 新世代ThinkPad体験会の翌日に思う:

» 「ThinkPad」を含むニュースと関連グッズのご紹介 [イマナビ!News]
イマナビでは「ThinkPad」を含むニュースと関連グッズのご紹介をしています。「ThinkPad」にご興味があれば是非ご閲覧ください! [続きを読む]

受信: 2008年8月14日 (木) 16時02分

« 新世代ThinkPad体験会に行って来た! | トップページ | Wiiと関連品を売却した »