« Travelstar 7K100で、XP環境を構築 | トップページ | WILLCOM D4の体験スペースにいってきた。 »

TS8GSSD25S-Sの中身は…。

先日、X200のリカバリ中にディスク容量がちゃんと把握できなくなってしまった、トランセンドの8GB SSDですが、ちょっと気になって、中の基盤を見てみました。
するとメインのフラッシュメモリには、次の型番が記されていました。

SAMSUNG 813
K9K8G08U0A
PCB0

これが基盤片面に4枚、両面で8枚使われていました。
どうやら、EeePC 901のCドライブに使われているものと同じチップのようですね。
他にSM223TF-ACと書かれたコントローラチップと、JM20330と書かれたSerial ATA Bridge Chipで構成されていました。

面白いのは、基盤の側面にIDE40pinと思われるコネクタが付いていたこと。
ひょっとすると、ここにIDEで繋ぐと、Serial ATA BridgeをバイパスしてIDEなSSDとして使えるのかもしれませんね。

以前、TS8GSSD25S-Sをベンチマークした時、SLCのわりにあまり数値が揮わなかったのは、Bridge Chipがボトルネックになっていたのかもしれません。

ともあれTS8GSSD25S-Sには今後も活躍して貰わないと困るので、壊れないよう、すぐに筐体に戻しました。8gb_b1 8gb_b2 8gb_b3

|

« Travelstar 7K100で、XP環境を構築 | トップページ | WILLCOM D4の体験スペースにいってきた。 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

∑ヾ( ̄0 ̄;ノおや、これが中身なんですね〜!
サクにはなんのことやら「???」ですが。w

投稿: サク | 2008年9月16日 (火) 14時39分

開けてビックリ、基盤1枚!って奴です。(^O^)
これで1万円以上なのだ。(^_^;)
部品が多けりゃいいってもんじゃないけど。

投稿: kamiken1968 | 2008年9月16日 (火) 15時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133996/42442956

この記事へのトラックバック一覧です: TS8GSSD25S-Sの中身は…。:

« Travelstar 7K100で、XP環境を構築 | トップページ | WILLCOM D4の体験スペースにいってきた。 »