« 2008年5月18日 - 2008年5月24日 | トップページ | 2008年6月1日 - 2008年6月7日 »

2008年5月25日 - 2008年5月31日

やっぱ地デジ、ダメだぁ…。

天は我を見放した!

え~、US100Aを使っても、全然ダメでした。(-_-メ)
寝室でもリビングでも、全くダメ。
ウチでは全く電波が掴めない。掴めない以上、ブースターも意味が無い、と。

実験の際には、窓からアンテナを外に出して試したんですが、周囲を我が家より高い建物で囲まれているせいか、どの方角からも電波が飛んで来ないようです。
EM・ONE持っていた時の経験では、ワンセグは受信できる局もあったのですが、フルセグは全くダメなようです。

ちなみに、US100AにはアナログVHF用のロッドアンテナもあるのですが、このロッドアンテナを立てればアナログ放送は(ノイズまみれであれ)視聴できる事もあるので、US100Aが壊れているとは思えません。

ここまでやってダメだったので、潔く第2東京タワーの稼動を待つか、地域住民がゴネて、共聴アンテナの設備がアップデートされるのを待つことにします。(/_;)

嗚呼、都内なのに地デジ難民。機材は既に対応させたというのに。
このまま改善されない場合、2011年7月にNHKの受信料納付を拒否できるよなぁ??
拒否できないなら、公費でアンテナを立ててケロや。Us100a

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本沈没(古いほう)のDVDを買う

なんか、時々昔のコンテンツを観たくなる事がありますな。(^O^)
今までも、ザボーガーやロボット刑事を買ったりしてますが。
今回もそんな感じで買ってしまいました。

小松左京原作の日本沈没のDVDを買いました。
最近リメイクされたほうではなく、東宝の古い奴です。

いや~、味があって、イイですな~。(^O^)
CGがなくっても、ここまで出来ていたんだよな~。
いしだあゆみ、若け~。小林桂樹、すげ~。丹波哲郎、存在感ありまくり~。

我が家では、お客様のおもてなしにも使える良作となりました。
それに、DVD特典の小松左京と竹内均氏の対談は、竹内氏の亡くなる前年に行われたものでもあり、感慨深いものがあります。

…ということで。
日本沈没のDVDは、ブックオフオンラインで2451円(税込、送料込)でした。
イーブックオフとブックオフオンラインが全く別のものである事に、最近になって気付いたワタシでした。(^^ゞNippon_chin

| | コメント (4) | トラックバック (0)

DX ANTENAのUS100Aを買う

おい、地デジ。なんかパッとしないようだな。
ダビング10も遠のいてしまったし。
ワタシは運動オンチでスポーツ番組見ない人だから、オリンピックも関係無いけどね。

そうですか、常時テロップが出るようになるのですか。
共聴アンテナの人は、文句が出るまで放っておくのですね、わかります。

…ていうか、わかりたくない。(-_-;)
何故、無料テレビ放送ごときの為にCATVなんか入らなきゃイカンのか。
ネットが止まるのは困るが、テレビがなくなるのは、さほど困らないような。

まあ、すでに動いている国策に文句を言っても空しいので、地デジ対応の室内アンテナを購入して、再度受信に挑戦することにしました。
今度のは、ブースター内蔵です。
ダメだった時を考えて安く済ませたかったので、オークションで中古を買いました。

DX ANTENA US100Aは、オークションで1500円(税込、送料別)でした。Us100a_hajo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ThinkPad X40にEWFを導入した

最近はSSDの種類も増えましたなぁ。まだまだ高いですが。(-_-;)

しかし、ハードディスクの代わりフラッシュメモリを使ってOSを起動していると、『フラッシュメモリの書き換え限界』が気になってしまいます。
特にWindowsの場合は、ユーザーが意識していない時でも頻繁にドライブへの書き込みを行っているので、なにか対処しておかないと、すぐにフラッシュメモリの限界が来るのではないかと怖くなってしまいました。(^^ゞ
ちょうどX40へのXPサービスパック3導入を終えた後だったので、EeePCの快適化手順を参考にし、我が家のX40にもEWFを導入してみました。

EWFとはソフト的にディスクへの書き込みを制限するもので、 Windows XPの場合、Cドライブにこれを適用してやると、Cドライブへの書き込みを擬似的にメインメモリに対して行い、シャットダウン等の明示した時に一気にCドライブへ書き戻しを行う事ができるようになります。
もちろん書き戻しをせず、データを破棄して終える事も出来るので、まるでROMからWindowsを起動しているような感じで、フラッシュメモリの寿命を延ばす事が期待できます。
書き戻しをしないでWindowsを再起動すると、警告が出るようになりますが、無視しても問題はないようです。
但し、アプリをインスールしたり、メールソフトで受信したデータがCドライブに保存される場合などは、書き戻しをしなければデータが失われることになります。

EWFはおよそ200MB程度メモリを使うようで、ウチの場合は512MBをRAMディスク化している関係で、アプリやOSの利用分も含め、実際の利用メモリが1.1GB程度になりました。
CドライブをEWF化していれば、テンポラリはEWFでメインメモリに対して行われる事になるので、通常の利用ではRAMディスクを設定する意味は無いのかもしれません。これは、そのうちRAMディスクを止めて試してみようかと思います。
また、EWFを導入した事で、若干OSの起動に時間がかかるようになった気もしますが、若干の速度より安全を取るということでは、ヨカッタと思っています。

…と、いうことで、X40もどうやら満足の行く環境ができたようです。(^O^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ThinkPad X40用HDDカバーを買う

WILLCOM 03こと、WS020SHが発表されまして。(^O^)
現行機よりも短くなって、Bluetoothとワンセグが内蔵されて、デザインが洒落ていていいのですが、何よりもボーナスを当て込んで他のモノを買ってしまった関係で、6月末に発売されても、今回はすぐには買えそうにないなぁ…。
貯金を取り崩せばいいけど、そこまでは…。(^^ゞ

…ということで、本日もThinkPad X40関連のネタです。

結局、TS8GCF266を1枚だけIDE変換して使い、テンポラリ用にはCF32Fを使う事に落ち着いた、我が家のX40。
HDDよりもCF+変換のほうが薄いのでスペーサーを入れてやったのですが、HDDカバーがないと、見てくれがよろしくありません。
元々のHDDからカバーを外して移植したのですが、実験等で元のHDDに戻す時には、このカバーも戻さねばならず、手間がかかります。
ならば、HDDカバー部だけ買ってしまおうと思ったのです。(^^ゞ
おあつらえ向きに、オークションに出品されていたのを、速効で落札。

ThinkPad X40用HDDカバー(未使用新品)は、オークションで1280円(税込、送料別)でした。X40hddcov

| | コメント (4) | トラックバック (0)

WILLCOM 03キター!!

発表されましたか、新しいスマートフォン。(^○^)
いきなり6月に発売されても金がないし、割賦はイヤなのだが。(^_^;)
壊れた時の事を考えると、サポート付きの割賦払いで買うしか無いのか。(>_<)
しかし、デザインがアカ抜けましたな~♪
これなら一般人にも薦められる?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

飛鳥 CF32Fを試す

飛鳥 CF32FとSILICON POWER 16GB CF 200xとの組み合わせでベンチマークしてみました。
HDBENCHの数字は、ほぼIDE接続に匹敵する数字が出ています。
体感でもPA-CB-CFより速いと思います。(^O^)

やはり、CF32Fのバスマスタコントローラが優秀なのでしょうか?
組み合わせるCFとの相性も出るかもしれませんけれど。
決して安いアダプタではありませんが、CF32Fを買う意味はあったと思います。
これでX40のテンポラリドライブ側はCF32Fで確定です。(^O^)

●飛鳥 CF32F(SILICON POWER 16GB)
Read   Write   RRead  RWrite  Drive
39475  10319   28357  2620    D:\100MB

●Maxell PA-CB-CF(SILICON POWER 16GB)
Read   Write   RRead  RWrite  Drive
10795  7438  10586  2252   G:\100MB

●IDE接続(SILICON POWER 16GB)
Read   Write   RRead  RWrite  Drive
38309  5856    17244  3563    C:\100MBCf32fpacbcf

| | コメント (4) | トラックバック (0)

高速CFリーダ CF32Fを買う

AR-IDE2CF442が期待した組み合わせで動かないので、SILICON POWER 16GB CF 200xは、PA-CB-CFを使って、ThinkPad X40のCardBusに収容しておりました。
IDE直結よりパフォーマンスが落ちるのは仕方ない、と思って使っておりました。

…そんな、ある日。
高速カードリーダで有名な飛鳥から、新型のCFリーダが出ているのに気付きました。
バスマスタコントローラ採用で、従来機種よりもさらに高速なのだそうです。
従来機種は持っていないのですが、価格もそんなに高くないので、試しに買ってみることにしました。(^O^)

飛鳥 CF32Fは、ムラウチドットコムで4711円(税込、送料込)でした。
ムラウチで買い物をしたのは、久々です。Cf32f

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月18日 - 2008年5月24日 | トップページ | 2008年6月1日 - 2008年6月7日 »