« 2008年8月3日 - 2008年8月9日 | トップページ | 2008年8月17日 - 2008年8月23日 »

2008年8月10日 - 2008年8月16日

ポチった!

■ ご注文日時      :            2008/08/15/ 2:23:42 PM JST

数量 商品番号 商品名
----------------------------------------------------
ThinkPad X200 : Intel Core2 Duo processor P8600, 12.1"(WXGA)
1GBx2, 250GB, Intel 5300AGN, BT, 指紋, Camera, 6Cell Battery
----------------------------------------------------
1    745423J  ThinkPad X200 : Intel Core2 Duo processor P8600
              12.1"(WXGA),1GBx2, 250GB, Intel 5300AGN, BT, 指紋,
              Camera, 6Cell Battery                           
=====================================================

ヽ(^。^)ノ (^O^) (^○^) (^O^) ヽ(^o^)丿

| | コメント (3) | トラックバック (0)

dynabook EXを復活させる

お盆休み企画、いつかやった作業記録のUPも最後です。(^^ゞ

リカバリディスクもある、HDDも買って来た。増設メモリはウチにある…。
…ということで、dynabook EXを復活させました。

リカバリをかけ、アプリケーションDVDを入れ、ネットに繋いで、アップデータを入れ…。
まったくもって、面倒くさい作業でございます。(-_-メ)
やること自体はカンタンなのですが、相手にやらせて質問電話がかかってくるよりは、始めから私がやってしまったほうが楽。(という認識が回りに頼られる故か?)

作業は無事に終わり、供出した増設メモリを買い取ってもらって、dynabook EXはオーナーの元に引き取られていきました。(^O^)
このメモリ代は、確かお墓の清掃費用に消えていったのでありました。(-_-メ)Dbex2_recover

| | コメント (2) | トラックバック (0)

HTS541612J9AT00を買う

本日も、いつかやった作業記録のUPでございます。(^^ゞ

日立の2.5インチ9.5mm IDEな120GB HDD、HTS541612J9AT00を買いました。

ええ、私の使うもんじゃありません。知り合いのdynabook EXで使うモノです。
元々が80GBのHDDを搭載していたため、それ以上の容量で安い物をということだったのですが、BIOS等で133GB制限があると困るので、120GBのものにしたのでした。Hts541612j9at00

| | コメント (3) | トラックバック (0)

dynabook EXのリカバリDVD

世間はお盆休みですね。(私もです)
ブログもお盆休みという訳ではありませんが…。
本日は、いつやったか忘れたけど、作業記録の写真だけは残っていた事の紹介。(^^ゞ

以前、我が家に放置されていたdynabook EX/2513CDSTB。
そのオーナーが、リカバリDVDを買ってきました。

昔テクセンと呼ばれていた場所がありましたが、今も東芝のリカバリディスクは秋葉原で買えるようですね。
見た感じ、DVD-Rに焼いてインクジェットでプリントしただけに見えましたが。(^_^;)Dbex2wxph

| | コメント (12) | トラックバック (0)

Wiiと関連品を売却した

ええっと…。
小学生の子供がいる知り合いのところに、WiiとWiiフィットなどを売りました。
子供がいい子でいた御褒美だという事ですが、奥方がWiiフィットを欲したのが最大の理由だそうです。
何故、痩せる必要がなさそうに見える人が、Wiiフィットを望むのか?
…私には女心がワカリマセン。(^_^;)

ちなみにWiiフィットは、貸出先の後輩のところから直送です。
…なので、「超久しぶりにWiiフィットをやったらどうなるか?」は実験できませんでした。(^^ゞ

やっぱ、Wiiは家族でやるゲーム機なのですな。見ていると判ります。
きっと、毎日のように電源も入れられる事でしょう。
通知ランプが点灯しながらも、「どうせアップデート通知だから」と電源を入れられず、リモコンの電池が干上がるような、我が家のような使われ方は、されないはずです。
きっと、Wiiも幸せだと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新世代ThinkPad体験会の翌日に思う

昨日のLenovoのお土産を紹介し忘れていたので、それを…と思ったのだけど、ちょっと趣向を変えて。(^^ゞ
もし、自分がレノボジャパンにいたら、どんな提案をするか、少し考えてみました。
…と言っても、私に設計はムリだから、『X200の液晶フレームを○mm薄く!』なんて提案はしない。(^_^;)
出来上がっているものを売るしかない段になって、それをしても意味ないし。
だから、今からでも出来る事で、今のレノボジャパンがしていない事を考えてみました。
(まあ偉そうに。(^_^;))

それは…。
思い切って、『グローバルモデルを、グローバル仕様のままで買うのが一番安い』という仕組みにしてしまう!
…ということです。

X200の評判を調べていると、「英語キーボードモデルが選べない!」とか「米国で買える構成が選べない!」とか「米国で1500$のものが日本だと20万超えだ!」という不満にブチ当たります。
それを、そっくりそのまま、『米国モデルを、日本で、米国直販価格で買えるようにしてしまう』ことで解決してしまったらどうか?と思うのです。
ここでいう米国モデルとは、『英語キーボード、英語OS、英文マニュアル』のままのThinkPadを言います。これをベースモデルとして、米国直販価格で手に入るようにしてしまうのです。
(とはいえ、電波法?的に米国仕様の無線アダプタは使わせられないので、ここは問答無用で国内適用アダプタにしてしまいます)

それを「日本語キーボードにすると+15ドル、日本語OSにすると+30ドル…」という形でカスタマスイズしていけるようにするのです。(金額はあくまで例ですが)
結果的に完全日本仕様にすると高くなってしまうのですが、『それがPCのローカライズコストだ!』と、明確に打ち出してしまうのです。
さらに注文日のレートでドル建てで決裁できると、為替にビンカンになれて、いいかもしれません。(^_^;)

個人輸入より安全確実だし、日本語OSでないと困る人は多くても、日本語キーボードでないと困る人はThinkPadユーザーには少ないと思うので、イイでしょう。(私は困るけどね)
これで、『米国仕様ベースモデルは即納。カスタマイズモデルは要納期確認(または短期出荷料金別途必要)』とすれば、ビジネス的にうまく行くのではないかと思うのですが…。
もし、純然たる日本語仕様がすぐ欲しい人は、リセラーから買うように、パートナーショップへ誘導すれば、既存販売店との軋轢も減ると思うのですが…どうかな??

PCに関しては、パーツはグローバル調達が当然。となれば、グローバル展開モデルが最安なのもまた当然。ローカライズが必要な国でビジネスを安定して続ける為には、こういった仕組みを定着させるのもアリではないか、と勝手な理屈を捏ねくりかえしたのでした。(^^ゞ

…あ、ちなみに、昨日のクジ引きでもらったものですが。
なんかアパレルショップっぽいレノボの紙袋と、ケータイホルダです。
当たりの人には、Lenovo3000サイズの紙のノートが配られていました。
うん。どちらも実用的!Lenovo_fukuro Lenovo_stnd

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新世代ThinkPad体験会に行って来た!

実は昨日、六本木のLenovoに行ってまいりました。(^O^)
Lenovo Premium会員限定の、新世代ThinkPad体験会に行ったのです。
急遽行われたイベントで、ホントに短時間でしたが、新しいThinkPad達に触れる事ができました。Ibmcorp_2 Lenovo_2 六本木のハローワーク近くにIBMの社屋があるのは以前から知っていましたが、その敷地の外れにレノボジャパンの入ったビルがあったのですね。
…で、そのレノボジャパンの会議室を使って、プライベートな展示会が行われたのです。
これがもう、手作り感溢れる展示会で、集まったのも生っ粋のThinkPadフリークばかりなおかげで、非常に楽しめるものになりました。(^O^)
社名入り封筒に入った手作りのクジ(紙の切れ端)を引いてノベリティを当てるところなどは『IBMの頃なら有り得ないのでは!』と、逆に感動してしまいました。

察するに、休日返上の社員による、手弁当のイベントではなかったかと思います。
「せっかくラインナップを一新したんだから、お広めしましょうよ!」
「場所がないなら、ココの会議室ではどうですか?」
「小人数でいいんです!来てくれる人がいるなら、見てもらいたいんです!」
…なんて、やりとりを想像してしまいました。(^_^;)

X200_logo_2 X200_2 X200kb_2 X200ub_left_2 X200ub_rgt_2

私が参加した回は、7人ほどの参加者で行われました。
PCユーザーとしては平均年齢は高めで、各ThinkPadに触れて来た手錬の感があります。
運良く、ThinkPad X200(ウルトラベース付き)の席に座れたのですが、スライドでの新シリーズ説明の際にも物欲が刺激されまくりでした。(^^ゞ
スライドが終わると実機の体験に入るのですが、各自いろいろ質問をしたり、図らずも社員さんが出してきたバタフライ(ThinkPad701)に盛り上がったりと、大満足の展示会となりました。(^O^)Tp701_2
やはり、もう4:3の液晶の機体は出て来ないようですね。
それと、皆さんトラックポイントのついたミニノートが欲しいようです。
この日ここに集った人は、ThinkPadが好きで、他のノートPCには浮気しそうにない人達ばかりで、皆『VAIOにどう対抗すべきか?』を社員以上に真剣に検討しておりました。(^O^)

正直、今の日本で、PCの商売をするのは難しいと思います。
特に、PCハードウェアでは。
IBM時代なら、ソフトウェアサービスを広める為の一環として、戦略的赤字でも存続できたと思います。
でも、もはやレノボとして、レノボジャパンとして利益を出すしかない。
はっきりいえば、PCは安く沢山作って、多く売る事が最良のモデルになっています。
でも、そうすると日本語キーボードとか、日本語OSとか、日本語アプリの調達等がコストアップの要因になってしまいます。
そのわりに『Celeronの国』と揶揄されるくらい、安いモデルから売れていく国だし、私も中古ばっかり買ってるし。(^^ゞ
HPの2133が英語キーボードのみだったり、某社ミニノートPCの日本語キーボードが、実は他メーカーが設計した機種のパテント流用物だというのは、こういったコストアップを抑える為の智慧なのでしょう。
海外メーカーのノートPCにロクな日本語キーボードがないのも仕方ないでしょうね。

実は、新ThinkPadも日本語キーボードが共用化されていたり、日本では現状利用することができない無線アンテナが入ったまま、欧米モデルと部品が共通化されていて、少しでもコストを削減できるように設計されているようです。
今回のX200を妥協の産物と見る人もいるようですが、こうでもしないと、Xシリーズを存続させられない現実があるのでは?とも思います。
『ワールドワイドで見ると、Xシリーズの日本での売上比率は異常』とレノボの人も言っていましたが、質の高いXシリーズが今後も生き残ってくれるよう、今回は出来る限り新品を、直販で買ってあげようと思いました。(^○^)

最後に、R、T、W、SLの、各ThinkPadの写真を置いておきます。
新シリーズも、ThinkPadはThinkPadでしたよ、皆さん!!R400 T400 W500 Sl400

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ファンタ ふるふるシェイカー(オレンジ)

コンビニに行っても何も買わずに出てくる事の多い私ですが、安売りスーパーに行くと、ついつい買い物をしてしまいます。

…で、ある日の買い物の1つが、これ。
炭酸飲料なのに振って飲むのが新しい、ファンタふるふるシェイカー(オレンジ味)です。

ん。まあ、普通に美味しいのではないか、と。(^O^)
振らずに缶切りで開けて取り出し、ゼリーとして食べてみたいと思いました。
確か80円以上したので、もったいないので、もう買わないと思いますが…。

諸物価高騰の折り、以前にも増してケチ臭くなっている私です。(^^ゞFantafuru

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年8月3日 - 2008年8月9日 | トップページ | 2008年8月17日 - 2008年8月23日 »