« 2008年12月7日 - 2008年12月13日 | トップページ | 2008年12月21日 - 2008年12月27日 »

2008年12月14日 - 2008年12月20日

『全ThinkPad、X化の年』、完遂!

ん~。やっぱThinkPad X300、在庫あったんじゃん。(-_-;)
クリスマスセール、安いじゃん。(-_-メ)
まあ、中古だけど自分の納得いく価格で買えたんだから、いいか。(^O^)

…それはともかく。
気になって、ちょっと自分のブログを遡ってみました。
総括してみると、見事に今年はThinkPadの年でした。
周辺機器は別として、本体だけを見てみても…。

○今年手に入れたPC本体(購入順)
ThinkPad R31
ThinkPad X40
ThinkPad T23
ThinkPad X21
ThinkPad X60
ThinkPad X200
ThinkCentre A61e Ultra Small
ThinkPad X300

△今年手放したPC本体(放出順)
ThinkPad T40
ThinkPad R31
ThinkPad T23
ThinkPad G40
ThinkPad Z60t
ThinkPad A31

会社持ち込みPCはベアボーンなので除いたとして、こうなりました。
8台買って6台手放した、ということは、一年で2台増えたんですね。

…あ、なんだ。年に2台しかPC増えてないのか。
普通じゃん!

いやいや、この出入りの激しさが問題なのであって、結果残った台数が問題なのではないよな。(^^ゞ

元々はThinkPadの各シリーズを揃えようとしての行動でしたが、WやSLが出た前後に『もうXシリーズだけにする!』と計画を変更したので、こうなった訳です。
でもって今回X300を買って、X21、X31、X40、X60、X200、X300と、我が家のThinkPadは全てXシリーズで統一となりました。
2011年にアナログ放送が止まった後は自作の録画PCも引退になるし、その頃にはS10e以外のIdeaPadも投入されているだろうから、その頃はThinkPad/ThinkCentre/IdeaPadのみでの運用に踏み切れるはずです。ThinkPad版のNetbookも出ているかもしれないしね。

こんなにThinkPadを買った年は、最初で最後だろう。
いや、最初で最後にしなきゃな。うん。

…と、いうことで。
『全ThinkPad、X化の年』、
ミッションコンプリートです。

ありがとうございました。m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

…で、ThinkPad X300って速いの?

図らずも、X200の新品とX300の中古を、同程度の価格で手に入れた訳ですが…。
メモリ4GBのX300でVistaを使っていて、モッサリとは言わないまでも、若干のトロさを感じてしまいました。
X200との対比で気になったのですが、CPUの実クロックで言えば、X200のほうがX300の倍も速い訳で、違いを感じて当たり前なのです。

ちなみに、Vistaのインデックスで比較すると、こんな感じ。
…あ、ThinkPad X200は、標準の250GB HDDで計測しています。

●X300(DDR2メモリ4GB)
プロセッサ         4.4
メモリ            4.6
グラフィック         3.5
ゲームグラフィック     3.5
プライマリハードディスク 5.9

●X200(DDR3メモリ2GB)
プロセッサ         5.3
メモリ            5.9
グラフィック         4.1
ゲームグラフィック     3.8
プライマリハードディスク 5.1

ものの見事に、SSD以外の全ての部分でX200が勝っています。PCの世代差ですね。
…このような差なので、同じようにプリインストールのVistaを使った場合、X200のほうが速いと体感できる訳です。新型のX301はもっと健闘するとは思いますが。

もし、このSSDをX200に移動できれば、X200はより速くなるでしょう。
X200なら通常の2.5インチSSDを付けられますから、インテルのSLCなSSDなんか付けると、かなり快適になると思います。

速度と快適性を求めるならX200。
薄さと光学ドライブ内蔵を求めるならX300。
…でも、ThinkPadファンなら両方買えと。
つまり、そういうことでございます。(^O^)

あ、X300とX200とX60を重ねたものを、各アングルから写真にしてみました。
こうすると、X300の薄さと大きさが良くわかりますね。Xkasane1 Xkasane2 Xkasane3 Xkasane4

| | コメント (13) | トラックバック (0)

X300のSSDは、サイズもコネクタも小さい!

ThinkPad X300が届いたその日、早速SSDを取り外してみました。(^O^)
いやあ、小さいです。PCカード程度のサイズでしょうか?
昔のType3 PCカード型HDDをホウフツとさせます。

SAMSUNGのMCCOE64G8MPP-0VAという奴で、1.8インチ規格、容量64GB、SLCチップです。
MicroSATAコネクタなので、そのままでは他機種に持っていけません。
Lenovoの直販では、通常のSATAに変換して2.5インチベイに入れる為のアダプタとセットで売られており、ThinkPad X200のSSDモデルでは、このセットがそのまま使われているものと思います。
新型のX301では128GBも選べるようですが、どうやらMLCチップらしいし、さらに近い将来、SAMSUNGからIntel製にベンダが変わるなどとも噂されていました。
Intelのに替えられれば、更なる性能アップも望めそうです。そのかわりコストも跳ね上がるでしょうが。(-_-;)

残念ながら、現状では1.8インチMicroSATAのSSDは安く流通していないし、HDDもこのコネクタのは見当たらないので、現時点で換装などは考えていません。X300_ssd1 X300_ssd2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

X300の重さはすぐ慣れる。薄さは際立つ。

ThinkPad X300は、CPUのスペックは固定で、価格によってメモリ容量や光学ドライブの有り無し、サポート期間の差があるだけです。
中古なのでサポート期間は無意味ですが、今回買ったモデルのスペックはというと。
CPUがCore2Duo SL7100(1.2GHz)、メモリ1GB、SSD SLC64GB、DVD-RW、無線LAN、ギガビット有線LAN、Bluetoothとなっています。

液晶が13.3インチなのに、解像度が1440×900ドットと高いのは魅力かもしれません。
Vistaをちょこっと弄った感じでは、ドットピッチが細かすぎる感はありませんでしたが、XPを入れたら、どう感じるか?
また、拡張性はUSBが3つのみで、SDカードリーダも内蔵されていません。
個人的には、カードリーダを外付すると出っ張るので、デザインの一体感がなくなるのが残念です。

OSはVista Businessがプリインストールされていて、今回の中古は、付属品はVistaとXPのリカバリディスクが1セットずつ、後はバッテリとACアダプタのみでした。
箱も純正ではなく、マニュアル類もついていませんでしたが、その分安いんだと思えば、全く問題ありません。

最初に箱から出した時、「お~!軽い♪」と思いましたが、この時はバッテリがついていなかったし、底面積の大きさからくる感覚のズレがそう思わせたようで、次第に慣れてしまいました。(^^ゞ
しかし、その薄さは他のThinkPadと比べても別格で、使う度に際立つ感じです。
ThinkPad史上最薄の筐体は、伊達ではありません。(^O^)
妙な出っ張りや、前後の厚みの差なども少ないので、鞄の中での納まりも良いでしょう。

ちなみに本機の重量は、本体のみで1232g。バッテリ込みで1443gでした。
バッテリを除いた本体のみの重さは、ThinkPad X200の1230gとほぼ変わらないのが意外(つまりX60とも同等)でしたが、液晶のサイズが大きく、DVD-RWを搭載してのこの重量は、立派なモノと言えると思います。

…ただ、まあ、光学ドライブ付きのマシンをXと名付けてよいのか、昔ながらのThinkPadユーザーには異論もあると思います。
「光学ドライブ無しで1Kgを切るモデルが欲しい!でも7段キーボードとトラックポイント必須な!」と、私も言いたい。(^_^;)
X200sが現状最小のThinkPadというのは残念です。多少高くなってもいいから、ネットブックサイズのThinkPadを!
昔で言うなら、ThinkPad560や600はあっても、230などが無い状況なんだな。(/_;)

…それはともかく。
電源などのボタン類についたライティングや、ピーチスキン風のパームレスト、明るさ調整の幅が広いLEDバックライトなど、さすがThinkPad X300は高級機という感じですが、少し触った感じでは、高負荷時のCPUファンの音が気になりました。
ThinkPad X200のほうが廃熱機構も大きく、CPUのプロセスも進んでいるため、静かなのは当然なのですが、実クロックが半分で、低電圧版を使っているX300のほうが明らかに五月蝿いというのは、ちょっと残念な気がします。

実際のパフォーマンスチェック等は次回以降にしたいと思いますが、薄くて光学ドライブ付きという点が趣味に合わないと、X300は(特に昔ながらのXシリーズ好きには)向かないかもしれないです。むしろT40pとかを使っていた人向けかも。
そういう意味では、X200sの高解像度・高速CPU版というのは、存在価値が大きいかもしれませんね。

ThinkPad X200sは、私は買いませんけど。
ThinkPad X90とか、ThinkPad X100とかが出てくれれば、間違いなく買います!
…IdeaPadも1台は買うと思う。もちろん、今後納得いくものが出たらね。(^^ゞX300_4logo2 X300_3light X300_2logo1 X300_vistad X300_xpd

| | コメント (2) | トラックバック (0)

X300を4GBに、X60は2GBに。

本来狙っていたX300は2GBモデルだったのですが、実際に買えたのは1GBモデルなので、メモリ増設をしないと実用的ではありません。
…なので、X60に付けていたメモリを引っぺがし、SmartCaddieEXに付けていた1GBメモリも取っ払って、X300を4GBで、X60は2GBで運用するようにしました。

本当は、X60は3GBにしたかったんだけどね。
たぶん、X60を酷使する事もないと思うので、2GBに留めておきます。
それよりもX200を4GBにしたいんだけど…。
DDR3メモリがもっと安くならないかなぁ。X300_memory

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ThinkPad X300を買う(但し中古)

結局、ThinkPadが欲しい人は、ThinkPadを買うしか無いんですよ。
(-_-;)
たとえメーカーが一緒でも、IdeaPadは…。(以下自粛)

…と、いうことで。今年最後の大物です。(^O^)
なんとか年内にThinkPad X300を買おうと金も溜めていたんですが、レノボのサイトがリニューアルした際にアウトレットがなくなってしまい、新しいX301は高くて手が出ないので、やり場の無い気持ちを何処に持っていくべきか、悶々としていました。
「モノがある時には金がない。金がある時にはモノがない」という状態では、仕事も手に付きません。(^^ゞ
おまけに、リニューアルした直販サイトがメタメタで…。(>_<)

そんなある日。ネットで最安値の商品を見つけてしまうんだな、私は。(^^ゞ
中古のアウトレット(メーカー調整済みで、利用時間の短いモノ)が出ていたので、勢いでポチッちゃったのよ。
ボーナスも近いし、コレクター心理としては、早くラインナップを揃えてしまいたかったからね。
X200sの新品が買えるほどの、高価な中古を買うのには抵抗もありましたが、X300自体新しいものだし、DVD-RやSSDもそんなにヘタレてないと期待して、買う事にしたのです。

Lenovo ThinkPad X300(6478-16J)の中古は、i-うぃん堂で154800円(税込、送料込)でした。
この価格でもX300の中古としては充分安いのですが、ThinkPad SLシリーズなら新品が2台買えてしまうんですよね~。
…SLはおろか、きっともうTもRもWも買いませんけど。

…ということで。
今年、私はいったい何台のパソコンを買ったことでしょう?
でもまあ、これで欲しいThinkPadは全て揃えた訳です。目標完遂!
や~、満足満足。(^○^)X300_hako_2 X300_1 X300_batac X300_batt

| | コメント (6) | トラックバック (0)

DMW-BM7互換バッテリーを買う

Xacti DMX-CA6の故障により、Panasonic DMC-FZ1を復活させたのですが、どうにもバッテリの消耗が以前より速い気がします。
…なので、予備の為に互換バッテリを1つ買う事にしました。
DMW-BM7互換バッテリーは、オークションで600円(税込、送料別)でした。

コンパクトデジカメは不景気で売上が落ちているようなので、投げ売りされたのを買うかもしれません。
まあ、買ったとして、今度は一万円以下でしょうね。(^^ゞBm7gokan_1 Bm7gokan_2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年12月7日 - 2008年12月13日 | トップページ | 2008年12月21日 - 2008年12月27日 »