« 1リットル100円のリンゴジュース | トップページ | 極洋 国産さば味付け缶、18缶 »

VAIO PCG-F55をメンテナンスする

『最初の画面は出るけど、インターネットができない』という理由で、知人のVAIO PCG-F55が持ち込まれました。

ん~、OSがWin98だ~。メモリが192MBだ~。(-_-;)
どうやら2000年に購入したモノらしいのですが、確かにOSは起動するものの、IEが表示直後にエラーで落ちます。
その後リカバリCDが発掘されたので、容赦なく購入当時の状態に戻したのですが、直っても性能が性能なので、現役では使えそうにありません。

ちなみにスペックは…。
CPU:PentiumIII 450MHz,メモリー:64MB→192MB,HDD:12GB
重量: 3.1Kg,バッテリ死亡
OS: Windows98,Office2000 Personal付き

まだ本体に有線LANが標準搭載される前のPCですから、もう限界ですな。
Office2000 PersonalのCDが添付されているので、それだけは使い道がありそうです。
持ち主は新しいPCを買う気でいますが、昨今の景気状況のせいで、あまり予算が裂けそうにありません。

このクラスだと、私もいらないなぁ。(-_-;)
これがThinkPad 600なら引き取るんだけど。(^^ゞPcgf55

|

« 1リットル100円のリンゴジュース | トップページ | 極洋 国産さば味付け缶、18缶 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

Mac も骨董的価値を持つクラシック以外は
G3 以降でないとほしがる人も居ないでしょうなぁ。
iMac までの試行錯誤(つまりはジョブズが居ない時期)のマシンですが…はっ、持ってたわ。σ(^^;;;

投稿: サク | 2009年3月 2日 (月) 15時06分

ジョブズがいない時代かぁ。クアドラとか、そのへん?
確かLC3ってその頃ですよね。私、持ってましたわ。(^O^)
あと持っていたのは、Apple2の互換機。(^^ゞ
もしあのままMacユーザーだったら、どんなふうになっていたろう??

投稿: kamiken1968 | 2009年3月 2日 (月) 17時11分

LC が「ローコスト」の略だと知って唖然とした記憶が。(^-^;ゞ
安いといっても DOS/V に比べたら「どこが?」でしたけども。
ともかくも拡販したかったのでしょうね。
実際、教育現場等ではメチャ安の Mac が大量投入されたらしすけど…。

投稿: サク | 2009年3月 3日 (火) 14時41分

そそ、ローコストでしたよぉ。その分、性能も低かったし。(^_^;)
「あのMacが安く手に入る!」とワクテカしましたが、現実は…。
最近結婚されたハイパーメディアな作り手の作品が、遅くて難儀しました。
…あ、それはwin版でのことだったかな?

投稿: kamiken1968 | 2009年3月 3日 (火) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133996/44082358

この記事へのトラックバック一覧です: VAIO PCG-F55をメンテナンスする:

« 1リットル100円のリンゴジュース | トップページ | 極洋 国産さば味付け缶、18缶 »