« クローゼットチェスト3段を2つ買う | トップページ | VLアソートチョコ »

ThinkPad Edgeは、赤いドレスのシンデレラである。

はい。予定通り、昨日ThinkPad Edgeが届きました。
予め言っておくと、自腹で買ったもので、貸出機ではありません。
発注して、約一ヶ月、やっと届いたThinkPad Edgeです。
001
本当は、自分の体調も仕事の予定からしても、こんなこと書いている状況では無いんですが、やはり書かずには居られない…。
(つまり、語らずには居られない魔力があるのは事実です)

じっくり書く余裕がないので、本日は開封時の写真を元に、通電前の印象をお送りします。

結論から言いますと、通電前の印象は60点です。
落第ではないが、思い描いていたものとは、かなり違っていました。
安物じゃあない。価格を考えたら、丈夫そうだし質感も悪くない。
ThinkPad Edgeのロゴの入った箱に、さらに外箱をかぶせて発送されているし、本体は不織布のシートにくるまれていて、指紋や傷から守られているなど、ただの激安PCではないと思わせてくれます。

…でも、やはり異端のThinkPadなのです。
ThinkPad Edgeは、赤いとは言えフェラーリではない。頑丈とはいえボルボではない。
四角とはいえSAABではない。なんか、そんな感じです。
グロッシー・レッドという色も、イタリア車じゃなくて、アメ車な感じがするのです。

ちょっと写真が間に合いませんでしたが、ThinkPad X300とThinkPad Edgeを並べると、ノートPCとネットブックの規格の差が、よく判ります。
ThinkPad Edgeも、松下ラゲッジの『Protection for ThinkPad X300 series』にピッタリ入るのです。これまた、あつらえたかのように。

でも、まさにThinkPad X300はモバイルノート。ThinkPad Edgeはネットブック。
私は、X100eはまだ持っていませんが、きっと手持ちのThinkPad X200とX100eとの比較以上に、X300とEdgeはその方向性の差がハッキリ出ているのではないかと思いました。
(本当なら、ThinkPad SL300と比べるべきだと思いますが、持っていないので)

もちろん、価格や性能の差ではなくて、方向性の差です。
たとえば、矢印の大きさではなく、矢印の向き自体が違う感じ。
でも、そう思うのはPCに詳しい人だけかもしれません。Windowsが載っちゃった時点で、一般の人からは同じように思われてしまうのでしょう。どちらもノートパソコンであることに、変わりはない、と。

そういう意味では、ThinkPad Edgeは『ThinkPadとは○○』というイメージの無い人に意見を聞きたいです。ホント、そういう人向けの機種だと思います。
だから、早く量販店に並べて、できれぱ他社の同価格のものと並べて、どのように弾が動くか?どう反応が返ってくるかを知りたい!そう思いました。
「こんなのThinkPadじゃねぇ!」という人の気持ちは分かります。でも、これは、そういう人達の為に作られたPCではないのでしょう。

生っ粋のThinkPadファンが黒髪男子なら、ThinkPad Edgeは、親の命令で髪を染めた女の子。
あるいは、舞踏会で継母の娘と競うシンデレラのようなものです。
きっと、自分の力で、王子様を射止めなければならないのです。
それも、今まで自分に振り向いてくれたタイプの人ではなく、新しいタイプの王子様を。
でも大丈夫。彼女はThe Powerpuff Girlsのようにスーパーパワーを持っているから!

…なんか、そんな気がします。はい。
我ながら、よくワカンナイ文章です。
これは、翌日直したくなるタイプの原稿ですね。(^_^;)
002 003 004 005 006 007

|

« クローゼットチェスト3段を2つ買う | トップページ | VLアソートチョコ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133996/47518642

この記事へのトラックバック一覧です: ThinkPad Edgeは、赤いドレスのシンデレラである。:

« クローゼットチェスト3段を2つ買う | トップページ | VLアソートチョコ »