« モニモ プリンパフェ | トップページ | プチパチ チロル »

eSlickは、キンドル完全日本語版までの繋ぎに最適

本日は、eSlickのまとめです。
ここまでeSlickの使用感を隔日でお送りしてきましたが、価格を別とすれば、その性能と機能には満足しています。
何もしなくても日本語PDFと日本語テキストファイルが扱える(SDカードに入れるだけ)なのは、非常に快適です!
もちろん「既存のPDAの液晶をE-Inkにしたような製品」なだけに、組み込まれるソフトが進化すれば、それだけ出来ることも増えてくると思いますが、そうするとE-Inkの書き換えの遅さが気になるかもしれません。E-Inkは、やはり電子ブックビューワとしての利用に価値があると思います。

PC Watchの記事によりますと、eSlickのOSはLinuxで、CPUはSamsung S3C2440 ARM 400MHzだそうですから、E-Ink以外の部分はローコストで作られているようにも感じます。
もし、eSlickが1万円程度のガジェットなら、他の機能は無くても、テキストファイルやPDFをたくさん持っている人には、充分楽しめそうな気がします。
最初から青空文庫をPDF化したものがSD内に格納されていますし、青空文庫の他の作品を読んだり、プロジェクト杉田玄白などで入手したファイルを表示するのも可能です。
また、メルマガ等をテキストで保存している人にも重宝がられるかもしれません。
最近は、会社のデータを持ち出すことは不可能になってきましたが、データの書き換えができないeSlickは、ビジネス用途でも使えそうな気がします。
(残念ながら文字列検索などの機能はありませんが、中の人が本気になってくれれば、ソフトウェア的に不可能では無さそう…)

近々Amazonがキンドル日本語版を元にしたサービスを国内展開すると思いますが、それまでの繋ぎに、eSlickは最適だと思います。
ちょっとした暇潰しに、電波を出さず、消費電力の低いeSlickは活躍してくれています。
私は、買って正解でした。(^O^)

…あ。写真は、USBでPCと繋いだ時の状態です。
マスストレージデバイス+SDカードスロットとして認識し、ファイルのやり取りができます。
ホントPDAですよね。(^O^)
Eslick_hon1 Eslick_hon2

|

« モニモ プリンパフェ | トップページ | プチパチ チロル »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133996/47950711

この記事へのトラックバック一覧です: eSlickは、キンドル完全日本語版までの繋ぎに最適:

« モニモ プリンパフェ | トップページ | プチパチ チロル »