« モニモ チョコパフェ | トップページ | モニモ プリンパフェ »

eSlickをお風呂で使う

eSlickは電子ブックリーダーですから、書籍の代わりになることを目指しているハズ。

E Inkは視認性が高いので、電車の座席に座っていて直射日光を浴びた時にも見易いことは確認していますし、物理的なボタンがあるから、電車でつり革に掴まっていても片手でページをめくれるのは便利で、通勤中や移動時に大活躍しています。

そうなると今度は、これを風呂場に持ち込んで読書をしてみたくなりました。
さすがにそのまま電子機器を風呂場に持ち込めないし、わざわざジャケットから外すのも面倒なので、eSlickを大きめのジップロックに入れ、写真の状態で風呂場に持ち込みました。

…結果として、きちんとテキストファイルを読むことができました!
今回は、富田倫生氏の『パソコン創世記』をお風呂で堪能。
ジップロックの中の空気のせいで中が曇ったり、水滴で読みづらくなってしまうけれど、それでも、弱視で斜視で乱視の私が裸眼で読めるんだから、エライもんです。
文字サイズ変えられるし、普通の本よりいいかも。

Amazonのキンドルを同じようにお風呂で使っている人もいるようですし、電子ブックリーダーが定着すれば、標準で防水なものも出るかもしれません。

※もちろん、袋が破れてしまえばOUTですし、くれぐれも自己責任でお願いします。
Zipeslick

|

« モニモ チョコパフェ | トップページ | モニモ プリンパフェ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133996/48035040

この記事へのトラックバック一覧です: eSlickをお風呂で使う:

« モニモ チョコパフェ | トップページ | モニモ プリンパフェ »