« JP倶楽部で、また買ったよ。(^^ゞ | トップページ | チロルチョコパン 北海道チーズ »

Foxit eSlickを買った…と思ったら、値下げに遭った。orz

もう一ヶ月ほど前のことになりますが…。
このPC Watchの記事を見て、最高に強まった私の物欲。
直後には、本家サイトでポチっていました。

しかしながら、まだ商品が届く前に、衝撃の値下げが!!

株式会社FoxitJapanは、E-Inkベースの6インチディスプレイの電子ペーパー端末 “eSlick” に青空文庫を1000冊を添付し、さらにWebの販売価格を、32,800円から、29,800円に改定して、 3月4日より、出荷開始いたします。

…でもって、速効で問い合わせメールを出したものの、Foxit Corporationはそれを華麗にスルー。翌日には商品が届くと言う。(-_-;)
まあ、そんなもんだろうけどさ…。

本日は、外箱と内容物、起動画面の紹介です。
はい。実際には日本語に対応しているけど、外箱は英語版のままですね。
本体内に電子版マニュアルが2つ入っていますが、そちらはちゃんと日本語化されています。
USB-ACアダプタは、プラグ部がアタッチメントになっていて、回転してはめ込むとロックされる、珍しいタイプ。
…とはいえ本体のminiUSB端子で充電するので、ACは使わず、PCからの充電でいけます。

標準添付の2GB SDカードは、キングストン製で、青空文庫をPDF化したファイルが沢山入っていました。それでも2GB全てを使っている訳ではなく、300MB程です。
新価格版は、同梱されるファイルが増えているのでしょう。
また、コンテンツ保護付き電子書籍を使えるようにするための、PC用アプリが入っていました。
付属CDの中には、Foxit Reader Pro Pack,PDF Creator,PDF Editor(体験版),PDF Page Organizer Pro(体験版)が入っているとの事ですが、使うことはないと思っているので、未開封です。
また、eSlickは音楽再生に対応しているので、イヤホンと変換ケーブルも入っていますが、これも、私は使わないので、未開封。
eSlickにはストラップホールがあったので、HYBRID W-ZERO3からストラップを移植。

ところでE-Inkですが、通電当初こそ時間がかかりますが、書籍のページ切り替えはそれほど遅いとは感じず、画面を書き換えなければ電気を食わない仕様からすると、電源を切らずにキーロックができたほうが便利かもしれないと思いました。
(画面を表示したまま、書き換えずにCPU等を止めることができるなら)

キンドルもハックすれば日本語が使える訳ですが、面倒くさがりには、放り込めば読めるeSlickの気楽さがポイントになっています。まあまあ満足です。
今日はここまで。
Eslick_hako1 Eslick_hako2 Eslick_dou1 Eslick_dou2 Eslick_2gsd_2

|

« JP倶楽部で、また買ったよ。(^^ゞ | トップページ | チロルチョコパン 北海道チーズ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133996/47950655

この記事へのトラックバック一覧です: Foxit eSlickを買った…と思ったら、値下げに遭った。orz:

« JP倶楽部で、また買ったよ。(^^ゞ | トップページ | チロルチョコパン 北海道チーズ »