« 59G3998 DIMM Adapter Card | トップページ | ThinkPad 701Cのプラモデル(モスキート) »

IMES iCD-P300

まだパソコンに光学ドライブがついていなかった時代、CD-ROMドライブは外付が当たり前でした。
当然、USBすら無い時代なので、デスクトップではSCSIインターフェースで繋ぐ事が多かったのですが、ノートPCの時はどうしていたかというと、本機などを使って、パラレルポートで繋いでいてたのです。
パラレルポートは、何もプリンタ向けの専用端子ではないのですね。

このIMES iCD-P300は、外付の2倍速CD-ROMドライブで、DOSから使うのも簡単で重宝していました。
いかんせん、読込みが遅かったり、エラーが出やすかったりもしますが。(^_^;)

最近、こうして箱入りのものを手に入れてしまったので、紹介します。
Cd300_1 Cd300_2 Cd300_3

|

« 59G3998 DIMM Adapter Card | トップページ | ThinkPad 701Cのプラモデル(モスキート) »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

これまた懐かしいものが。

自分も同じものを当時行きつけのジャンク屋で買った記憶がありますが
セットがドライブ本体とACアダプタだけだったので
25ピンのオス-メスケーブルを手に入れて実際に使えるまでに
苦戦した記憶があります。
#それと、CD-Rはともかく、700MBメディアが読めなかったような記憶が・・・

また、2004年の全面リニューアルで
IMESのHPからドライバをダウンロードできなくなったのが
地味に痛かったです。(WebArchiveにまだあるようです)

投稿: tsh | 2010年8月13日 (金) 15時59分

tsh さん、こんばんわ。
はい、懐かしいものも、いっぱい持っています。
最近はeBayで購入したりして、さらにドツボに…。
サイトや会社の消滅、OSのサポート終了により、ドライバが手に入らなくなってしまうのは残念ですよね。
フロッピーは極力残しているのですが、エラーで読めなくなっていたりして。(^_^;)

投稿: kamiken1968 | 2010年8月14日 (土) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133996/49089698

この記事へのトラックバック一覧です: IMES iCD-P300:

« 59G3998 DIMM Adapter Card | トップページ | ThinkPad 701Cのプラモデル(モスキート) »