経済・政治・国際

結局、金なのか

私にとっては非常に精神的に疲れる仕事ですが、新年度になって1四半期も超えた事もあり、滞納している取引先への取り立てを行うシーズンになって参りました。

ホント参りました。
仕事が終わっても、消化器官がゴボゴボ言っているのが、よくわかります。

取引先の中でも、悪化しているところは、昨年度よりさらに悪化しています。

『建前(きれいごと)なんか、どうでもいいんだ。食っていかねば!』
『もっと利益が出しやすい所に移るんだ!』
『おまえらに支払う現金はネエ!』

…そして行方不明。
…見つけだしたら、ジリ貧。

そういう人が、予想以上に多くいる感じ。
「貧ずれば鈍ずる」という言葉が、彼の人生に当てはまっている。

この時代、飢え死にする人なんか、殆どいないのに。
会社が潰れたからって、自分の未来までなくなる訳ではないのに。
なんでこんなに、この人は疲れ切っているのだろう。

ああ、いやだ。
この人達と自分は紙一重なんだ。

「滞納金が積み重なったら、キミだけでなく、社員の給料から引かれることになる」
どこまで本気かどうかは知らぬが、上司はそう言った。

あなたは私の3倍近い月給を貰っているのに。
あなたは『年金安全圏』世代の人なのに。
すでに、全く働かなくても、年金で生きていける年齢なのに。

『腎臓売れや、ゴルァ!』と怒鳴れたら、私もどんなに気楽だろう。

…そうだ。もし死んで生まれ変われるとしたら、化学者になろう。
そして、『老人絶滅ウイルス』を作るのだ。
細胞テロメアーゼの長さが一定以下になると発動する、致死性ウイルス。
それを、飲料水や空気に混ぜて、全員に行き渡らせるのだ。

誰もが等しく、同じ時間で死を迎える世界。
そこでは、皆が今よりも毎日を価値的に生きようとするだろう。
きっと、他人に対しても、もっと寛容で、優しくなれるに違いない。
死が身近で同苦できるものになれば、今日ある生がより愛おしくなるだろうから。

見苦しい生き方をする老人は軽蔑され、彼が稼いだ悪銭と泡銭は、その死と共に国が没収し、負の遺産の解消と、未来の発展の為にのみ振り向けられる。
そうなればきっと、為政者も経営者も、自然と良い行いを成すであろう。

嗚呼、私は化学者になりたい…。
老害をこの世から一掃し、この国の借金を減らし、未来ある若者の荷物を、少しでも減らしてやりたい。
そうすればきっと、子供は自分の未来に希望を見いだしやすくなり、大人も、子供を多く産み残したいと思うに違いない。

誰しも、自分の未来を、見知らぬ老人の延命の為に差し出したくはない。
誰しも、愛する子供を、ただの労働力や財源として差し出したくはない。
私は、今のこの国の為に働くのはイヤだ。
私は、私と、私の愛する者の為に働くのだ。



この業界には希望が無い。

ある債権者は、目でそう訴えていた。
確かに、彼の部屋に希望の色は無かった…。

|

会社と国家と自分の寿命

「会社の寿命は30年」だという説がありますね。
日経ビジネスの書籍で、『会社の寿命』という本があります。明治以降の上場企業の栄枯盛衰を調べた上で、「業態を変える事が無い限り、会社の寿命は30年程である」--という統計上の摂理を見いだした本です。
私も、続、新と含めて3冊全て持っています。

前回エントリに書いたソフマップの創業は、今から24年前。
これは「会社の寿命は30年」という説にほぼ符合するのではないかと思います。

30年といえば、六星占術で有名な細木数子氏が、年末年始の特番で、「日本はこのままでは、あと30年たったら全員難民になる!」と言っていましたね。
細木数子氏は、「占いは統計学です」と普段から言っている訳ですが、あの人の言い方はともかく、言っている事は間違っていないと思うんですね。
戦後、今の先輩たちの犠牲や献身の上に繁栄の基盤が築かれてきた事は間違いないし、今後、他者を思んばかる事もできず、献身的な行動に出れない人ばかりになれば、過去にそうして築かれた基盤が失われても、なんら不思議はないはずです。

今から30年後、私は男の平均寿命から考えて、晩年期を迎えているはずです。
その頃に、この国がいったいどうなっているのか??
もし、人生の晩年が悲惨になるとしたら、それは、それまでのその人の生き方が間違っていたという証明になってしまうのではと恐れています。
私も、もう自分の人生の折り返し点を超えた年齢になっているのですが、そろそろ晩年期の事を考えて生きる年になってきたのかもしれません。
このままこの国が30年も続くとすれば、それこそが奇跡だと思うのですが、自分の晩年を悲惨なものにしない為にも、『死ぬ瞬間までどう生きるか』を考える時期が来たのではないか、と思うのです。

『何よりも先に、死について学ぶ』というのは、変化の速い時代ならばこそ、人が理性を失わずに生きるために必要な事なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフマップが時代の寵児だった頃

久しぶりに、買い物以外の事も書いておこうかと思います。(^O^)

ソフマップ、ビックカメラの連結子会社にという記事を、「ふ~ん…」と簡単に聞き流してしまう自分がいます。
それはそうだろうなぁ…という感じです。
最近はすっかりソフマップを利用しなくなっていて、去年1年で使ったのは、中古の購入も含めて5回以内だったと思うのです。
そのぶん、Amazon他の利用が増えているのです。

もし20~25年くらい前の私がこのニュースを聞いたら、きっと驚いてたかと思います。
今の皆さんはご存じないかと思いますが、当時のソフマップは、ソフトウェアレンタルショップとして隆盛を極めていたのです。コピーツールやファイラーが入手できる店としても有名でした。

その当時、ソフマップはとんでもなく儲かっていたということで、創業者は毎日、売上金をダンボールの中に投げ込んでいるという噂もありました。
その様子を見て、「そんなに儲かっているなら、この会社に入りたい!」と思った人もいるんじゃないかと思うんです。
そうやってソフマップに入った人は、20年以上経った今、どうなっているのでしょう?

…う~ん、時の流れという奴は、恐ろしいですね。
まあ私も、当時の状況に触れたこともあって、似たような業界に入ったクチです。(^^ゞ
そのせいで、今、先が見えなくて困っている訳ですが。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

笛吹けど人踊らずになった時点で、株なんてゴミに変わる

楽天-TBS問題であります。
連結売上高に対して株式時価総額が高すぎるというのは、人心の期待のバブルを起こしているということでしょう。
そういう意味で、楽天は商売が上手いと言えるんでしょうね。
私も楽天の世話になっているし、期間限定ポイントに一喜一憂していますからね。

でも、『笛吹けど人踊らず』になった時点で、そんな株なんてゴミに変わります。
こういう例がいっぱいありそうなので、私は株なんてものに手を出せないのです。
怖くて手が出せませんよ。ババひきたくないもん。(^O^)

…あ、お札だってただの印刷された紙切れで、国家の信用基盤が崩れたら、タダのゴミになるんだった。(+_+)
よかった。ウチにある資産が備蓄食料だけで。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)