趣味

ヨドバシでお買い物

またまた会社の帰りに錦糸町に出たので、ポイントでお買い物です。(^○^)

イヤホン用巻き取りホルダー FUN-090BK 300円程
SDメモリカード1枚収納ケース AMC-SD 500円程

いや~、ホントはminiSD専用のカードホルダーを買おうと思ったのですが、あったのが8枚入りのタイプだったので止めて、SDカード一枚用のものを買いました。
miniSDカード8枚なんて、さすがに持ってないよ。(^_^;)

イヤホン捲き取りホルダは、本当はリトラクタタブルなヘッドホン延長コードがあれば欲しかったのですが、無かったので諦めたのです。
またまた大阪出張が入ったのですが、今度は『防水DVDプレーヤー』を新幹線で使おうと思い、そのヘッドホンの捲き取りの為に買ったのです。

本当は、出張なんて無いに越した事はないんですけどね~。(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ダグラムをぐりぐり

今まで、フィギュア系のモノはケロロかスタトレ関係しか買わず、ガンダムもボトムズも、もちろんゴールドライタンも買っていない私ですが、今回はついつい買ってしまいました。
いろんなところがグリグリ動く、海洋堂のリボルテック No.2 ダグラムです。

レビューを見て、つい欲しくなってしまったんですね~。
そんなに高いものでもないし、Amazonなら送料込みで翌日には届くので、抑えが効きませんでした。(^^ゞ

届いたブツを、さんざん弄って、さんざんポーズ作って、リビングに飾りました。
1790円で、だいぶ幸せになりました。
いや~、男って、いくつになってもホント、子供ですよね~。(^○^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記録映像のDVD化

さる古い8mmフィルムの映像をDVD化する手伝いをした。
8mmというか、そこから録画されたビデオテープのDVD化だ。
家庭用DVDレコーダーでビデオからDVDにしたものをコピーしてくれと頼まれた。

…ところが、一枚はコピーできたもの、一枚は読込み時にCRCエラーを起こしてダメだった。

元のソースが古く、ビデオテープからのノイズも多い為、作品の半分程のところで映像信号が途切れ、エラーを起こしているらしい。
たとえばビデオスタピライザを持っているか、PCでアナログキャプチャをする際に、ダミーの映像を入れればうまくいくのかもしれないが、ただレコーディングしただけでは対処できないエラーとなるようだ。

元の素材が貴重なだけに、なんとかしてこれ以上劣化させずに残したいが、私の元では無理であった。
先方では、そのエラーを起こすところを諦めて削除し、再度DVD化を試すようだ。
今度はうまくいってくれると良いのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子、寝室に入るべからず

男子、厨房に入るべからず ではありません。
寝室でダラダラ過ごしててですね、ふと気付いたんです。

もし女性(女の子でなくても)が私の寝室に入ったら、ドン引きするだろうな、と。
それまでどんなに親しくしていても、その時点で関係が御破算になります。(^_^;)
…だいたい、人が二人居られるスペースもないんですけどね、寝室に。

実際、今も寝室にいるんですが、あたりを見渡すと…。

シングルベッド(一応折り畳める。すのこベッド)
HP製ノートPC(バッテリ外して常用。実質メインPC)
自作デスクトップPC(TVキャプチャ付。MXTVを録画)
A4フラットベッドスキャナ(PCに繋いであるだけ)
14インチTV(FUNAI製。リアルタイムTV視聴用)
DVDプレーヤ(SAMSUNG製。アイワリモコン付き)
VHSビデオデッキ(TVに繋いでるだけ。通常は非通電)
15インチ液晶ディスプレイ(PC本体かHD40の動画再生用)
17インチ液晶+コンバータ(PCのweb表示かSAMSUNG DVD用)
缶ジュース温冷庫(中はカラっぽ。飲み物飲んでも太るし)
冷風扇(夏専用)
加湿器(冬専用)
空気清浄機(要メンテ)
酸素エアチャージャー(初代)
Rio Live air(USENで音楽鑑賞用)

…ざっと、これだけのものが三畳間にあります。
リビングに人様を座らせられる広さを作ったら、そっちにいることが少なくなって、寝室が生活の場になってしまった訳です。
ホントに私、三畳の寝室だけで生きているもんなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HDMI端子付きの安い液晶TV

液晶TVの値段もどんどん安くなっていきますね。(^O^)

私の家には液晶ディスプレイはありますが、まだ液晶TVはありません。
当然、まだデジタル放送なんか見れる状態にはありません。
でも、2011年にはアナログ放送が完全に終了してしまうので、それまでにはデジタルチューナか対応TVを買う必要があります。

…で、私が買い替えるTVには絶対必要と思っているものがあります。HDMI端子です。
この記事を読んでもらえると、重要性がわかると思いますが…。

ついにHDMI端子付きのTVが、27インチではありますが、10万円を切りました。
TVといっても最近はデジタル部品の塊なので、ムーアの法則の影響を受けます。
ムーアの法則の上では、デジタル部品は、時間が経つと(同じ性能のものであれば)価格が下がるのが必然です。
だからきっと、HDMI端子付きのデジタルTVはもっと安くなります。現在の限定価格は、いずれ誰が見ても驚きもしない、ごく当たり前の価格になります。

当初、『国策としての2011年アナログ放送終了』には大反対でしたが、最近のデジタルTVの価格低下を見るにつけ、「あと6年あるから、それでもいいかな?」と思いはじめています。
現金なものですね。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓流DVDプレイヤー

…で、調子に乗ってもう1台取り上げる。それがDVDプレイヤーのDVG-3000Nだ。
これも韓国DAEWOO製。
リンク先で写真を見てもらえばわかるが、これがなんともレトロなデザインなのである。

「くわっ、本体にボタンばっかし!」
ゲロ~ッ!…ヘッドホン端子かと思ったら、マイク端子であります!」←
家に帰ってみてみたら、2つともヘッドホン端子でした。訂正します。m(__)m
「リモコンで電源の入切もできぬとは、難儀なものよのぅ」

…と、スタパかケロロかおじゃる丸のように書いてみたが、絶対日本企業じゃ採用されない見た目とインターフェース群である。
今時DVDプレイヤーなんて3000円台で買えるものだし、そこらのパソコンでは標準で再生できるものが、なんで我が家でまだ現役かといえば、それは、きっと日本企業では対外的に実装できない(…というか、DAEWOOでも今はきっと実装させない)機能がついているからである。
そのへんについては、このへんからどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓流ハードディスクレコーダー

さて、ここまでは国産のものが続いたのだが、いよいよ今話題の韓流にのっとり、韓国製家電を紹介していく。
まずはDHD-4000Kである。なんのことはない。ただのハードディスクレコーダーである。
以上、終わり。

…っていうのはなんだが、今更ただのハードディスクレコーダーを取り上げてもなぁ、と思うのだが、今も現役で使っているのだから仕方が無い。
韓国大宇電気の製造によるもので、世間では2002年の頭ごろから入手できていたらしい。

まあ、一般的な紹介はリンク先を見て欲しいが、操作性がイマイチなのと録画予約が8番組までで、しかも番組表からの録画指定に対応していない等、最近のハードディスクレコーダーとは性能を比較するべくもない。HDD容量もたかだか40GBである。
さらに困った事に、よく内蔵時計が狂う。いつのまにか1分以上進んでいる。

我が家では、建物の2階部分(つまり私の領域)だけでも、DHD-4000KとSmartVision Pro HD40,TVキャプチャボード付きPC1台,14インチTV&21インチTV,ビデオデッキ2台と、アンテナ線が必要なデバイスが散乱している。なのでDHD-4000Kは、主に21インチTVのチューナーとして使われている。
しかし録画デバイスが沢山あると便利で、その気になれば同時に5つの番組を録画しつつ、1つの番組を見るという事ができる。それは極端だとしても、同時刻に3番組を録画しつつ1番組を生で見るというのは過去に何回もあった事だ。
(年末のように見たい番組が重なると、我が家では地上波しか見れないにもかかわらず、こういう状況が起こり得る)

…要するに、私はテレビが大好きな引きこもりなのである。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイナーなものばかりで固めてる

私は形の残らないものにお金をかけるのが嫌いで、コストパフォーマンスに優れたものが大好き(というかブランドというものに価値を見いだせない人)なため、自然と身の回りにマイナーなものが集まってくる。
特にそれは趣味のPC・家電関係で顕著で、例えばSonyよりFUNAI、SAMSUNGよりDAEWOOといった感じで、人によっては「何それ?」と言われる物体で構成されている。
多くは発売後に売れ残り二束三文で放出されたもので、『まあまあ使えるけど、素人さんにはオススメできない』ものばかりである。色々と難はあるが、それを承知で使ってやれば、安くて便利で快適な環境が手に入る。
このブログの中で、私が実際に利用しているものを時折紹介したいと思う。
今日のところは、とりあえず予告という事で…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)